目にいいサプリメントおすすめ成分別比較

続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

あなたの悩みを
解決する
サプリメントの
選び方を紹介します

本当に目に一番いい成分はなんでしょうか?

目にいい成分として、アントシアニン、βカロテン、最近はルテインという成分を良く耳にします。どうせなら良い成分を摂りたい。でも、本当に目にいい成分とはなんでしょうか?あなたの目の不調はどんな症状ですか?「目の疲れ」と「眼病」を同じレベルに考えていませんか。症状によって効く成分は違います。あなたのお悩みに本当に合ったサプリメントを選びましょう。

自分に合う成分はわかったけど沢山のサプリメントから選べない

そんなあなたのために、お悩み別のサプリメントをご紹介します。自分のお悩みに合った成分のサプリメントを、お悩みが解決できる含有量で飲み続けることにより効果が得られます。効果は一朝一夕で出るものではありません。少なくとも3か月~半年くらいは様子を見てみましょう。

ルテイン、ビルベリーエキス、βカロテン
それぞれの成分量が一番多いものをピックアップしました!!

目に良いサプリメント全比較!

決定版!目に良いサプリメント全比較!

目に良いサプリメント全比較!

目にいいのはアントシアニンと言われてきましたが、最近「ルテイン」という成分を耳にすることが多くなってきました。さらにはβカロテンをはじめとしたビタミン群なども目にいいと言われています。
それぞれに良いところがあり、どのサプリメントを購入すれば、自分の悩みを解決してくれるのか…もうわからない!!そんなあなたに、お悩みに合ったサプリメントの選び方をお教えします!

話題のルテインについてまだ知らない方もいるのでは?

ルテインは、カロテノイド色素の一種で水晶体や黄斑部に存在します。簡単に言えば、私たちの体にもともとあるもので、目の中に存在する成分です。
私たちは日常生活を送っているだけでも、紫外線やブルーライト(パソコンやスマートフォン、テレビなどから発する光)にさらされていて、目への悪影響ははかり知れないほどです。そのためにサングラスやブルーライトカットの眼鏡を愛用している人も多いはず。
ルテインは、そんな有害な光を吸収し、目の中にある黄斑部や網膜などを守る働きがあります。また、高い抗酸化作用をもつため、活性酸素による目へのダメージからも守ってくれるため、天然のサングラスと言われているくらい、目の健康には欠かせない成分なのです。

目に良い成分はなにがあるの?

  • ゼアキサンチンを
    含むサプリメント

    天然のサングラスと言われるくらい目に良い作用のあるルテインと同じような構造で働きも似ています。有害な光を遮り、高い抗酸化力を持ちます。ただ、ルテインと違って黄斑部の中央部分に多い成分。ルテインと一緒に摂ることで黄斑変性症をはじめとする眼病予防に。

  • アントシアニンを
    含むサプリメント

    「見える」という現象は、光をとらえたロドプシンが分解されることで、刺激が脳に伝わって起こります。そのロドプシンの再合成を促進する働きをもつのがアントシアニンです。視覚機能の改善に効果があると言われ、特に疲れ目に効果的です。

  • βカロテン・ビタミン
    群を含むサプリメント

    βカロテンは体内で必要量ビタミンAに変換されます。ビタミンAはロドプシンに深い関わりがあり、不足すると夜盲症の原因となると言われています。そのため、夜盲症に効果的な成分です。ビタミンB群やEは疲れ目や充血などに効果的で、ビタミンCは白内障に効果があります。

  • プラセンタを含む
    サプリメント

    プラセンタは肝臓に対して有効作用があると言われています。肝臓は、東洋医学では目と切っても切れない関係があると考えられており、目の健康には肝の健康が必須です。プラセンタは肝臓を元気にすることで目の健康も維持します。もちろんお肌にも嬉しい成分です。

  • 目に良いその他成分を
    含むサプリメント

    目に良い成分として、ビタミンEの約1,000倍の抗酸化力をもつと言われているアスタキサンチンをはじめとして、亜鉛やDHA、リコピン、カテキンなどが挙げられます。リコピンは白内障予防に、DHAはドライアイや疲れ目に効果的など、成分によって目への効果が異なります。

ルテイン、アントシアニン、βカロテン
効果比較表

抗酸化作用 ブルーライトから守る 黄斑部を守る
アントシアニン ポリフェノールのひとつアントシアニンは活性酸素ができるのを防ぐと言われています アントシアニンにブルーライトが目に与える活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用があります アントシアニンの抗酸化作用で、黄斑部や水晶体などの酸化変性を予防することができます
ルテイン ルテインは、目が光から直接細胞に受けるダメージを抗酸化作用によって防ぎます もともと人間の身体にあるルテインが紫外線やブルーライトから目を守っています ルテインは黄斑部にもともと存在し加齢により減少していくため、経口摂取する必要があります
βカロテン βカロテンに強い抗酸化作用があることは多くの研究によりよく知られています βカロテンもブルーライトが目に与える活性酸素を除去する効果をもつ栄養素です βカロテンは抗酸化作用のあるビタミンや亜鉛と摂取すると黄斑変性症の進行を遅らせます
抗酸化
作用
ブルーライト
から守る
黄斑部を
守る
アントシアニン ルテイン βカロテン
ポリフェノールのひとつアントシアニンは活性酸素ができるのを防ぐと言われています ルテインは、目が光から直接細胞に受けるダメージを抗酸化作用によって防ぎます βカロテンに強い抗酸化作用があることは多くの研究によりよく知られています
アントシアニンにブルーライトが目に与える活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用があります もともと人間の身体にあるルテインが紫外線やブルーライトから目を守っています βカロテンもブルーライトが目に与える活性酸素を除去する効果をもつ栄養素です
アントシアニンの抗酸化作用で、黄斑部や水晶体などの酸化変性を予防することができます ルテインは黄斑部にもともと存在し加齢により減少していくため、経口摂取する必要があります βカロテンは抗酸化作用のあるビタミンや亜鉛と摂取すると黄斑変性症の進行を遅らせます
左右にスクロールできます▲

目にいいサプリメント、
実際に飲んでみました!

朝のルテイン&
プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタ

ゼリータイプの朝のルテイン&プラセンタは、マンゴー風味の美味しさと「飲む」というより「食べる」手軽さ。お水もいらず摂取しやすい形状です。水溶性ルテインで食事後に摂取する必要がないので、朝起きて朝食代わりに食べることも可能です。1本は約10㎝くらいでポーチに2,3本常備しておけば、お出かけ先でも気軽に食べられ、飲み忘れの心配もありません。

北の国から届いたブルーベリー

やわた・北の国から届いたブルーベリー

ソフトカプセルのやわた・北の国から届いたブルーベリーは、1.5㎝弱で臭いも味もなく比較的飲みやすいサプリメントです。1日1粒でジップ付きのアルミパウチに入っているので、持ち歩くのも苦になりません。なるべく多めのお水と摂取すれば喉にひっかかることもなさそうです。ブルーベリーの3倍以上のアントシアニンを含む野生ビルベリーエキスを使っています。

マルチミネラルビタミン

マルチミネラルビタミン

ハードカプセルのマルチミネラルビタミンは、2.5㎝弱で独特のビタミンがふんだんに入っていそうな臭いがします。1日3~6カプセルですが、一気に飲むのは難しいので分けて飲んだ方が続けられそうですね。ハードカプセルもソフトカプセルと同じく多めのお水と摂取してください。植物性の素材でカプセルを使用し、原料のオーガニック証明書がついています。

【決定版!】
目にいいサプリメント全比較!

朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタ

もともと人間のからだに存在しているルテインと同じ、フリー体ルテインを配合しており、高い吸収率が特徴的なサプリ。また、水溶性なので水と一緒に服用する必要もなく、いつでもどこでも手軽に摂取できます。マンゴー風味で、おいしく口にできるのもの魅力です。肝臓や美容にもうれしいプラセンタ配合なのも、朝のルテイン&プラセンタならでは。

北の国から届いたブルーベリー

北の国から届いたブルーベリー

通常のブルーベリーよりも3倍というアントシアニンを有する、野生のビルベリーを配合しているため、とくに目の疲労には効果的。アントシアニン以外にも、ルテインをはじめカシスエキス、メグスリノキエキスなどの目のはたらきを助けてくれる成分が配合されています。医薬品レベルの製造工程管理基準をクリアしたGMP認定工場での生産なので、製造過程の安全性・信頼性も心配ありません。

マルチミネラルビタミン

マルチミネラルビタミン

商品名が示すとおり、各ビタミン類や鉄、カルシウム、マグネシウムなど、現代人が不足しがちな成分を中心にバランスよく配合したサプリです。生産地や無農薬有機野菜など、原材料には徹底的にこだわっていて、オーガニック証明書をもつほど。中身を包容するカプセルも植物性素材にものなので、誰でも安心して摂取することができます。

ドクターズチョイス ルテイン

ドクターズチョイス ルテイン

サプリメント大国であり、サプリメント先進国でもあるアメリカ産のルテインサプリである、ドクターズチョイス ルテイン。配合されているルテインは、高品質で定評のあるアメリカ・ケミン社製のフローラグロールテインを使用しています。1粒あたりにルテイン20mgのほか、ゼアキサンチンも2mg配合されているので、統括的に目の機能をサポートしてくれるでしょう。

速攻ブルーベリー

速攻ブルーベリー

旧商品と比べ、ビルベリーエキス末の配合量を10mgも高めたのが、DHCの速攻ブルーベリーです。それに加え、サプリの溶解速度を3倍に早めたり、あらたに成分を追加したりするなど、全般的にビルドアップ。ルテイン、クロセチン、アサイーなど、目の健康にやさしい成分が配合されています。また、DHCのサプリメントだけに、無理なく続けやすい廉価性も速攻ブルーベリーの魅力でしょう。

マルチカロチン

マルチカロチン

速攻ブルーベリー同様、こちらもDHCのサプリメント。速攻ブルーベリーがルテイン配合量1mg/日なのに対し、マルチカロチンは同じく10mg/日と、よりルテインメインのサプリとなっています。もちろん、商品名ともなっているようにカロチンも豊富。1日あたり1.8mgの摂取が望ましいβカロテンが、マルチカロチンには7.9mg/日も配合されています。

オキュバイト+ルテイン

オキュバイト+ルテイン

オキュバイト+ルテインにはルテインのほか、ビタミンC、ビタミンEなど、5つのビタミン類も配合されています。配合成分のバランスは日本人向けに整えられており、ミネラルも豊富に含有。原料の素材にもこだわっており、その品質の高さからオキュバイト+ルテインの摂取を推奨する眼科医もいるようです。こうした点からも、サプリの実力をうかがい知ることができるでしょう。

めなりの口コミ

めなりの口コミ

ルテインのほか、ゼアキサンチンやクロセチン、アントシアニンなど、目の機能にはたらく成分とそれをサポートする成分を効果的に配合している、めなり。成分の配合量はもちろんのこと、からだへの吸収率や効果の持続性にもこだわったサプリメントです。すぐれた消費者商品を表彰するモンドセレクションで、2016年に最高金賞を獲得しています。

琉球サプリ一望百景

琉球サプリ一望百景

このサプリの特徴は、なんといっても沖縄産や沖縄由来の素材に特化してつくられている点でしょう。たとえば、ルテインは沖縄特有の芋・八重山カズラの葉由来のもの。良質のルテインを含有する八重山カズラですが、県外持ち出しが禁止されており、まさに沖縄限定の素材。そのほか、紅芋や沖縄もずくなどのご当地素材が使用されています。

えがお め・まもーる(旧えがおのルテイン)

えがお め・まもーる(旧えがおのルテイン)

以前はえがおのルテインという商品名でしたが、ルテインだけでなくアントシアニンや鮫肝油などの成分も配合してリニューアルされたのが、め・まもーる。成分面の質にこだわっているのは当然ながら、製造における質にもこだわっているサプリメントです。毎月安全委員会をひらくなど、徹底した安全管理体制をとっているのも、えがおならではでしょう。

ファンケルえんきん

ファンケルえんきん

えんきんは、日本では最初に目のサプリメントとして機能性表示食品の認可をうけたサプリ。機能性表示食品のパイオニアだけあって、成分や機能性には定評があります。目の健康を助ける成分にこだわった高い品質に加え、合成着色料や保存料、香料といった添加物も一切、不使用。安心して口にできるのも、えんきんのポイントです。

DHCルテイン光対策

DHCルテイン光対策

「ルテイン光対策」というだけあって、有害な光線から目を保護する成分が効果的に力を発揮できるよう、バランスよく配合されています。目の黄斑色素濃度の維持を維持したり、コントラスト感度を改善したりするルテインのほか、カシスエキス末、メグスリノキエキス末、クチナシエキス末などを含有し、効率よく、目のはたらきをサポートしてくれるサプリです。

ロートV5粒

ロートV5粒

網膜、毛様体筋、水晶体、涙液、血流という、目の見える力を支える要素を助ける成分を配合したロートⅤ5粒。その主力となるのがルテインとゼアキサンチンで、それぞれ目に有害な光から網膜や水晶体などに直接アプローチしてくれます。摂取目安は1日1粒でOKで実に手軽。ですので、何回も何粒も飲む必要はなく、続けやすいのも特徴です。

やわたのめばえ

やわたのめばえ

機能性表示食品である「やわたのめばえ」は、マリーゴールド由来の良質な天然ルテインを1粒に20mgも配合した目にやさしいサプリメント。血行促進作用のあるイチョウ葉エキス、抗酸化作用のあるビタミンEやベニバナ油などもあわせて配合しているので、目の健康を守りつつ、アンチエイジング作用も期待できるという側面もあります。

小林製薬のルテインa

小林製薬のルテインa

有害な光から目を保護するはたらきのあるルテインとゼアキサンチンが配合されている、小林製薬のルテインa。ある研究の結果で、もっとも効果が大きかったルテイン5:ゼアキサンチン1という、絶妙のバランスで配合されています。国内有数の製薬メーカーである小林製薬のルテインサプリだけに、製品の安全性・信頼性はいうまでもないでしょう。

なごみアイ

なごみアイ

なごみアイの特徴のひとつが、特許製法によって抽出されたとてもすぐれた品質をもつルテインを配合している点。特許製法によって、もともとからだのなかに存在するルテインと同じ型で抽出が可能となり、高い吸収率を実現することに成功しました。アントシアニンやクロセチンなど、目の健康をサポートするそのほかの配合成分とともに、効果的に作用してくれるサプリだといえるでしょう。

クリアルテイン

クリアルテイン

アスタキサンチン、クロセチン、βカロテン、ハーブ由来のビタミン群などとともにルテインを配合することで、多角的に目の健康にアプローチするように設計されているのが、クリアルテインの特徴。そのため、目の網膜保護や夜盲症への作用、目の疲れの改善など、さまざまな目の悩みに対してのはたらきが期待できるサプリメントです。

ブルーベリー&ルテイン

ブルーベリー&ルテイン

ブルーベリー&ルテインの特徴として、配合成分の豊富さをあげることができるでしょう。ルテインはもちろん、ゼアキサンチンや各種ビタミン類、コエンザイムQ10、ヤツメウナギオイル、イチョウ葉エキス、コラーゲン、ヒアルロン酸など、その数、実に25種類。それぞれが特徴的なはたらきをもっている成分ばかりなので、あらゆる角度から目の健康を守ってくれるでしょう。

協和発酵バイオルテイン

協和発酵バイオルテイン

協和発酵ルテインには、エステル体のルテインが配合されています。エステルルテインの特徴は、フリー体のルテインよりも1.6倍高いといわれる、すぐれた吸収力。ルテインが体内に吸収されるのに、わずか時間しか要さないので、効率よく成分の作用をえることが可能となるのです。また、一緒に配合されているブルーベリーも、もっとも良質といわれる北欧産にこだわるなど、サプリの品質の高さは折り紙付きといえるでしょう。

ルテインPX

ルテインPX

ルテインPXは、健康エリートハウスの販売するルテインサプリメントのなかでもハイエンドのサプリメント。スタンダートクラスのルテイン20と比べると、ルテイン配合は1.5倍におよびます。同様に、カシスと松樹皮エキスがそれぞれ5.6倍、紫イペが2.5倍と、有益な成分をふんだんに取り入れている点が、ルテインPX最大の特徴でしょう。ルテインも天然由来のものなので、品質も確かです。

大正ブルーベリー

大正ブルーベリー

サプリメントでも定評のある大正製薬が、自社の通販サイト限定で販売しているサプリ・大正ブルーベリー。主原料となるブルーベリーは一般的なカリフォルニア産ではなく、含有するアントシアニンのクオリティの高さで群を抜くフィンランド産のものを厳選。強い抗酸化作用をもっているため、目の疲れにはとくに力を発揮してくれるサプリのひとつです。

ビルベリー・プレミアムα

ビルベリー・プレミアムα

ビルベリー、ルテイン、マキベリー、エルダーベリーという。異なるベリー由来のポリフェノールを4種類も配合している点が特徴的な、ビルベリー・プレミアムα。これらのベリー類をはじめ、素材の成分を余すことなく利用するために、皮や種子までまるごと凝縮しているのもこのサプリならでは。そのため、サプリに含有される有用成分が高いこともビルベリー・プレミアムαの強みとなっています。

ルテインを摂取するのに最適なタイミングはいつ?

ルテインは、加齢による目の病気を予防する最適な成分です。しかし摂取方法を間違えると、効果を充分に引き出せない場合があります。口コミでもたまに効果がなかったといった投稿を見かけますが、原因は、誤った飲み方や知識不足にあります。ルテインの効果を最大限に引き出すためにも、服用するタイミングや成分の特徴を理解する必要があります。

・吸収されやすいのはフリー体のルテイン

ルテインにはフリー体のルテインとルテインエステルの二種類が存在します。特に吸収率が高いのは、フリー体のルテインです。体内にも同じように存在しているルテインなので、体への馴染みは良い方です。

・ルテインエステルの特徴

ルテインエステルは、フリー体ルテインに脂肪酸を加えたもので、精製されていないルテインを指します。もちろん、精製という工程を踏んでいないので、価格も安く体内に吸収されにくいといわれています。

・食後がおすすめ

ルテインは脂溶性の栄養素なので水で飲むだけでは吸収率は上がりません。そのため、ルテイン入りのサプリメントを服用する場合は食後がおすすめとされています。

ルテインの効果を引き出す方法 

ルテインの効果を最大限に引き出す場合は、他の成分と一緒に服用することが大切です。中でも、下記の成分はルテインの潜在能力を引き出してくれます。

・亜鉛

ルテインの相乗効果が狙えるとして、亜鉛が注目されています。亜鉛に含まれるタンパク質やミネラルは核酸代謝に深く関わってきます。さらに、ルテインや抗酸化ビタミンと同時に摂取することでルテイン効果をさらに上げることが分かっています。

・アントシアニン

通常にブルーベリーに比べて、6倍ものアントシアニンが含まれる特許取得済みのビルベリーも、ルテインを内部へ届けるために不可欠です。またアントシアニン自体が、眼精疲労やドロプシンの再合成を促すので、それだけでもかなり助かります。

・ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、天然色素カロテノイドの一種ですが、元々は代謝によって作り出されたものです。二つの効果が交わることで、ルテインがさらにレベルアップします。その影響を受けた目は、白内障や黄斑変性症といった病を上手に防ぐことができます。

・クロセチン

クチナシの果実やサフランに多く含まれるクロセチンは、とても高い抗酸化作用を持っています。目に対しては、眼精疲労、ピントのズレを解消し、光によるダメージから目を守ります。またクロセチンには、血液の循環をよくする働きがあり、目の機能だけでなく筋肉の疲労回復にも貢献します。ルテインと一緒に摂取すれば、目の様々なトラブルから開放されるでしょう。

ルテインは本当に必要?

ルテインとは、もともと私たちの体の中に備わっている成分で、テレビやパソコンにしスマートフォンから発生される有害な光、つまりブルーライトや紫外線から目を守る働きがあります。

最近疲れやすくなった、仕事など対人関係でストレスを感じる、仕事柄パソコンやスマホをよく使うなどこういった項目に当てはまる人はルテインが減少している可能性があります。

ルテインは一般的にホウレンソウやブロッコリー、グリーンピースなど緑黄色野菜の中に含まれています。ほかにもとうもろこしや納豆にもルテインは含まれていますが、その含有量はごくわずかです。

健康時における摂取目安は1日6mgですが視力にトラブルがある人は最低でも20mgの摂取を勧められています。ホウレンソウ100gでルテインは10mg含まれているので、健康な方の場合は足りますが視力にトラブルがある人は200g食べなければいけません。こんなに毎日ホウレンソウを食べ続けることができるのでしょうか。

体内に含まれているルテインの量は年々減少していきます。という事は、毎日の食事からルテインを摂取しなければいけません。そこで毎日効率よくルテインを摂取したいのであれば、サプリメントからの摂取がいいでしょう。サプリメントなら少量でも1日に必要なルテインを効率よく補うことが出来るため、食生活が不規則な人でも手軽に摂取することが出来ます。

ルテインが不足するとどうなる?

ルテインが不足することで目に様々な疾患が起こります。ルテインは加齢とともに減少するため、その代表的な疾患として白内障や緑内障です。近年高齢化社会となっており、昔よりも白内障や緑内障で悩んでいる高齢者の方はたくさんいます。

白内障や緑内障になった場合、手術をすることで症状を改善することはできますが、普段から食生活をきちんと管理することで緑内障や白内障のリスクを減らすことが可能です。

ほかにも最近多いのは飛蚊症です。飛蚊症は突然目の前にごみのようなものが浮いていたり、光が動いて見えたりすることがありませんか?その症状が飛蚊症といい、目の硝子体に濁りが投影されるものです。

まれに飛蚊症を放置していたら突然光が火花のように見え、病院に行ったところ網膜に穴が開いている網膜裂孔という病気にかかっている場合もあります。網膜裂孔を放置すると網膜剥離になってしまい最悪視力を失うこととなります。

そうならないために、飛蚊症は放置してはいけません。重篤でない場合時に治療を行う必要はありません。活性酸素によるダメージが硝子体に影響を与えているため、ルテインを摂取することで飛蚊症予防に効果を発揮します。健康的な食生活と適度な睡眠をとることでこれらの症状を緩和することも可能です。

食事やお茶からも取り入れることができる

目に良いお茶や食べ物があります。ブルーベリーやビルベリーの色素成分の中にはアントシアニンという成分が含まれています。このアントシアニンは体の中に吸収された後ロドプシンという栄養素を生成することをサポートしてくれます。私たちが普段ものをみるのに、このロドプシンは欠かせません。

摂取することで見えやすくなったり疲れにくくなったりしたという報告もあるため、アントシアニンは積極的に摂取したい栄養素です。アントシアニンは摂取してから数時間でその効果が表れるといわれています。効き目が表れるのも早いのですが、24時間後にはその効き目がなくなってきてしまうので、クリアな視界を保つためには継続して摂取する必要があります。

飲み物に関してはメグスリノキという樹皮や幹から抽出された成分を飲むことで目の疲れや物貰いに結膜炎といった眼病を予防することが出来ます。味もさほど癖がなくすっきりとしたお茶なので、毎日続けて飲み続けるようにしましょう。

アイブライトというハーブも炎症を抑え、抗菌効果があります。ものもらいや結膜炎などの眼病に効き目があるといわれています。ハーブなので人によっては苦手と感じる人もいるでしょう。メグスリノキとアイブライト、飲みやすいほうを継続して続けるようにしましょう。

目への効果以外に美白効果も!

ルテインには紫外線から目を守る効果があり、天然のサングラスとも呼ばれています。女性は日焼けによるシミやそばかすを防ぐために、日焼け止めをしたり日傘やアームカバーなどのアイテムを利用したりして紫外線対策を行っています。

しかし、目の紫外線対策をしている人はいるのでしょうか。目から入った紫外線は、メラニン色素を活性化させてシミやそばかすを増やしてしまうのです。目の紫外線対策をしていないと、せっかくいろいろと紫外線対策をしているのに台無しになってしまいます。そこで天然のサングラスでもあるルテインを摂取することで、目から入ってくる紫外線をカットしてシミやそばかす予防につながります。

ルテインには抗酸化作用があります。カロテノイド群と呼ばれる天然色素の一種であり、目の健康だけではなくアンチエイジングやシミにしわの予防、肌の老化防止にも期待できます。ホウレンソウなら1日5株、パセリ10本、ニンジン15本です。この量を毎日摂取するにはかなり厳しいです。特に食の細くなったお年寄りには、たとえ温野菜にしたとしても食べられないかと思います。効率よく栄養素を補うためにも、サプリメントから毎日続けて摂取をするようにしましょう。

ルテインが多く含まれている食品についても紹介!

現代社会では、パソコンやスマートフォンの普及に伴い、目に関するトラブルも増えてきています。そんな目に良いとされる成分として注目されているのがルテインです。

ルテインは、「天然のサングラス」とも言われパソコンやテレビなどの液晶画面から発せられるブルーライトや、日光に含まれる紫外線から目を守ってくれる役割があります。

他にも、白内障や黄斑変性症といった加齢とともに発症しがちな目の病気の進行を抑えてくれるといった効果もありますし、目の症状以外にも、紫外線保護ということから、肌にもいい成分とされています。ルテインが多く含まれている食べ物は、主に緑黄色野菜が上げられます。

ルテイン含有量トップクラスのパセリの特徴

ルテイン含有量が多い食べ物というと、緑黄色野菜が上げられますが、パセリはその中でも含有量がトップクラスとなっています。

パセリには100gあたり10mgも含まれており、含有率でいうと、ほうれん草の約2倍も含まれていることになり、含有量で言うとかなり高いものとなります。

しかし、パセリというと、苦みが強く、風味も独特で食べるのは苦手という方も多い食材です。料理などで飾り的なポジションで添えられていても残されることも多く、積極的にパセリだけ沢山食べて、ルテインを摂取しようというのは難しいかもしれません。

他の野菜などに加えてスムージーにしてみるといった摂取方法ですと、飲みやすくなり、他の栄養もたくさん取れるのでお勧めです。

様々な料理に使えるほうれん草の特徴

ホウレンソウのルテインの含有量は100gあたり5mgとなります。パセリやケールと比べると少々見劣りはしてしまいますが、かなり豊富に含まれている食材と言えます。

ほうれん草の利点は、何と言っても手に入れやすく、様々な料理に使いやすいということです。先に述べたパセリやケールの場合、まずほしいと思ってお店に行っても場合によってはなかなか売っていないということもあります。

それに比べるとほうれん草は一年を通して、どこでも買えますし、値段もお手ごろです。更にルテインは、熱に強いという特徴もありますので、ほうれん草のお浸しにしたり、バターソテーなどにしたりしても、ルテインを取り入れる事ができ、無理なく日常の食卓に上らせることができます。

ルテイン以外にも多くの栄養素を含むブロッコリーの特徴

ブロッコリーにもルテインは含まれており、100gあたり1mgほどとなります。先に述べたパセリや、ほうれん草に比べると低めに感じてしまいますが、ブロッコリーは、色々な料理に取り入れやすいという利点があります。

他にも、ブロッコリーにはルテイン以外にも色々な栄養素が沢山含まれているという利点があります。ブロッコリーに多く含む栄養素として、特にビタミンCが多く含まれています。

他にも、消化器系のガン予防効果が期待できるイソチオシアネート、糖尿病予防になるクロムなどが含まれている上、ポリフェノールの含有量も高く、老化防止も期待できる等、様々な効果が期待できます。

ブロッコリーに含まれるビタミン類は、熱に弱いものが多いので、できる限り加熱時間は短くした方が効果的に栄養を取り入れられます。

サプリメントと一緒に実践したい目の疲れを癒す方法とは?

ルテインや、アントシアニンなどなど、目に良い成分が配合されたサプリメントは、現在色々な会社が出しています。そういったサプリメントを取ることも効果的ですが、それ以外にも目の疲れを取る方法はあります。

ストレッチなどは、目の疲れをいやすだけではなく、リラックス効果も期待できます。サプリメントだけに頼らずに、他にも様々な方法を取り入れることで、効果的に目の疲れを取ることができます。

ストレッチと言っても、パソコンなどで目が疲れた時など、休憩がてらできるお手軽なものもあり気分転換にもなるので、上手く取り入れる事が大切です。

瞼を固く閉じたり大きく開いたりする目のストレッチ

目のストレッチとして、簡単にできる上、目が疲れると無意識に行うストレッチというと、目を固く閉じ、その後に大きく目を見開くといったものです。

誰に教えられる訳でもなく、何となく行ってしまうという方も多いと思いますが、つまりは無意識でやってしまうくらい気持ちがいいということです。

手順としては、 ・目をゆっくり固く閉じ、パッと大きく見開く ・顔を動かさないように正面を向いたまま、眼球だけ右へ動かす ・ゆっくりと眼球を左に動かし、続けて上、下と動かす ・再度目を閉じ、同じ動作を2・3回繰り返す

このマッサージは、ゆっくり行うことが効果的です。眼球をゆっくり大きく動かすことで、眼球の筋肉を動かし、ほぐす効果が期待できます。

特に長時間パソコン作業などで目を酷使するような場合は、30分起き位に休憩がてら行うと効果的です。パソコン作業などは、常に一点を見続けてしまうので、意識的にこういった目の動かすストレッチをすることが大切です。

遠くのものと近くのものを交互に見る目のストレッチ

目のストレッチとして、手軽にできてポピュラーな物のひとつとして、遠くのものと近くのものを交互に見るというものがあります。

パソコンなどの作業を長時間していると、目のピントは一か所に集中してしまい、筋肉も固まってしまいます。特に、対象物が近いほど、目のピントを合わせることが難しくなり、その分負担も大きくなってきます。

長時間携帯電話などの端末を操作し続けているとその分け目にかかる負担も相当なものとなってきます。近くのものを見続けて目の筋肉が緊張状態にある場合、遠くを見て目をリラックスさせてあげると目の緊張がほぐれてくれます。

目のピントを遠くに合わせてから、近くのものにピントを合わせるというストレッチは、気分転換にもピッタリです。

つい作業に熱中してしまうということは分かりますが、スマートフォンなどを使う際は、できる限り長時間画面を見続けることは避け、2・3分に一回程度視線を外すことを心掛けるといいです。

蒸しタオルなどを目の上にのせて血行を良くする

目だけに限らず、身体全体に言えることですが、疲れを解消するには血行を良くするということも効果的です。とはいえ、眼精疲労の場合、お風呂に目までつかるということも難しいので、簡単にできる事は蒸しタオルなどを目の上にのせるといった方法です。

よく、目を酷使すると目がショボショボするということになりますが、そういう場合は、血行不良が原因にあります。他にも青グマが出てしまっているような場合にはこの蒸しタオルは効果的です。

青グマは、血行が悪くなり血液が黒ずんでしまい、それが皮膚から透けて見えてしまうといった結果となります。血行を改善することで、血液にも酸素がいきわたり、血もきれいになってクマが薄くなる効果が期待できます。

目がショボショボするだけでなく、眼球が赤く充血してしまっているといった症状もみられる場合は、温かい蒸しタオルを当てた後に、冷蔵庫で冷やしたタオルを当ててみると、更に目がすっきりさせることができます。

目の周りのツボを刺激して疲れを取るマッサージ

目の疲れを取るのには、ツボを刺激することも効果的です。目の疲れを取るツボは、目元にあります。慣れてみないと、少しわかりにくいかもしれませんが、指で押さえてみた時にツーンとした痛みがあるところです。

目頭のくぼんだところや目じりの横、瞳の中心の下、眉頭にあります。一か所につき、5・6回押してみると、目がすっきりしてきます。

よく、目が疲れると、二本の指で、眉頭や、目頭を押さえる方がいらっしゃいますが、ツボを刺激するということで、効果的なマッサージと言えます。

ただし、目に近いところにツボがあるので、眼球を傷つけないようにあまり強く押しすぎることは避けましょう。目を強くこすったりすることも、眼球を傷めて逆効果になりかねませんので避けるようにしましょう。

また、目を酷使する作業を続けていると、疲れ目から、肩や首のコリといった症状も良く出てきてしまいます。目のツボを押すのと同時に、肩や、首のコリにも聞くツボも押してみると更に効果的です。

他にもあるルテインの効果

加齢黄斑変性症や白内障といった目の病気の予防など、眼に良いサプリメントとして知られているルテインですが、他にも乱視を予防したり目の炎症を抑える、網膜剥離を予防したりといった効果が期待できます。また眼だけでなく薄毛の進行を防いでくれる、生活習慣病を予防するなど眼以外にも嬉しい効果も持ち合わせているのです。

老眼の進行を遅らせる

老眼とは加齢に伴って現れる症状のことであり、目の水晶体にあるピントの調整力が低下することにより、近くの物が見えづらくなってきます。新聞のような小さく細かい文字が見えづらくなってしまう、ピントが合わせづらくなる、薄暗いところでの視力が落ちるなどが主な症状になります。

人間の目の調整力は産まれたころが最も良く、年齢を重ねるにつれて低下してくるのですが、若いうちは老眼症状が起こりにくいのです。しかし40歳を過ぎたころからその調整力が弱まるようになり老眼の症状がみられるようになってきます。

実際に45歳以上の8割が老眼症状を実感しており、誰もが老眼になるリスクは持ち合わせているのです。老眼症状の現れ方には個人差がありますので、努力次第でその始まりを遅らせることができます。老眼予防や改善にルテインを活用するのも手段のひとつです。

老化現象を促進させる原因は活性酸素なのですが、ルテインは高い抗酸化作用を持っていますので活性酸素の働きを抑えてくれます。活性酸素を発生させる主な要因としては紫外線や、パソコンやスマホなどから発せられるブルーライトが有名ですが、ルテインがこれらの悪影響から目を保護するように働いてくれるのです。

乱視予防

視力検査を行ったときに、乱視が入っていると言われることがあります。乱視とは目のレンズが一定方向に向かってゆがんでいることです。乱視はゆがみの方向に応じて直乱視、倒乱視、斜乱視に分けることができます。

乱視になってしまうと物がダブって見えるようになるため、メガネやコンタクトレンズによるゆがみの矯正が必要になりますが、強度の乱視の場合はそれだけでは矯正が難しいこともあります。乱視を改善するためには、自分の乱視タイプをチェックして、適したトレーニングをすることで改善効果が期待できます。

またルテインには乱視を予防する効果もあると言われていますので、併用することで乱視改善効果を高めてくれるでしょう。ルテインには高い抗酸化作用がありますので、水晶体や角膜が酸化して劣化するのを防ぐ効果が期待できるのです。

また乱視の場合、物がゆがんで見えるため目に大きな負担をかけながら、物を見てしまうため疲労がたまりやすくなります。それがさらなる乱視の悪化や目の病気の原因となることがあるのですが、ルテインは目の改善するのにも働いてくれますので、乱視が悪化するのも防いでくれます。乱視でない方も乱視予防に効果的でしょう。しかしルテインには即効性があるわけではありませんので、ある程度継続して摂る必要があります。

目の炎症を抑える

目はさまざまな原因で炎症を起こすことがあります。たとえば目にゴミが入った、目を強くこすってしまった、何かが目にあたった、コンタクトレンズで傷がついてしまったといった外部からの刺激もそのひとつです。加えてインフルエンザや肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などアレルギーや細菌、菌が感染することで病気などが起こり、それが炎症を起こしていることもあります。

目の炎症の原因を特定してそれに合った治療を受けることで、炎症を早く鎮めることができるようになるのです。目の炎症原因によって治療や対処法も異なりますが、さまざまな目の炎症対策にルテインが効果的だと考えられています。それはルテインに抗炎症作用があるからです。目が炎症を起こすのは目の中にある脈絡膜、毛様体、虹彩の部分であり、その部分の炎症を抑えるのにルテインが効果的に働いてくれます。

ルテインは主に抗酸化作用がよく知られているのですが、炎症を抑える働きも持ち合わせています。炎症が起こるだけでなく、炎症自体を防ぐ効果も期待できますので、炎症を事前に防ぐこともできるようになってきます。目の炎症が起こったときはルテインだけに頼りすぎるのではなく、まずは眼科を受診して適切な治療を受けるのが先決です。

薄毛の進行を防ぐ

ルテインは目に嬉しい効果をもたらしてくれるだけでなく、薄毛の改善にも働きかけてくれます。近頃は薄毛で悩む女性も増えてきており、若い世代にも薄毛で悩む方が少なくないのです。薄毛が進行する原因はさまざまなのですが、その一つに頭皮の酸化があげられます。

強いストレスを受けると活性酸素が大量に発生して、酸化をすすめるようになります。加えて紫外線や加齢といった要因でも活性酸素が発生し、酸化が進行してしまうのです。頭皮が酸化してしまうと頭皮環境やヘアサイクルが乱れやすくなるなど、頭皮と髪のトラブルが起こりやすくなります。薄毛も酸化が原因で起こるトラブルのひとつなのです。

ルテインは強い抗酸化力がありますので、酸化を遅らせて薄毛の進行を予防してくれる効果が期待できるのです。ただし薄毛の原因は酸化だけではありませんので、それ以外の原因で起こる薄毛に関しては、ルテインだけで期待するほどの改善効果がみられないと考えられます。

薄毛の原因はさまざまですのでまずはその原因を特定して、それに合った対策をとることが重要です。薄毛が気になっている方や薄毛治療を受けている方は、生活習慣やヘアケアの見直しと併せてルテインを摂取することで、薄毛の改善や予防が期待できるようになるでしょう。

生活習慣病の予防

食生活や睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れが原因となり、発症リスクが高くなる病気のことをまとめて生活習慣病と表します。生活習慣病の中には日本人の死亡原因のトップであるガン、糖尿病や動脈硬化や脳卒中などが含まれています。これらの病気を発症しないようにするためには、生活習慣を見直すことが重要なポイントになります。

生活習慣病を予防するためには、食生活を改善するなどさまざまな手段がありますが、ルテインを摂取することも効果的な方法のひとつです。ルテインが強い抗酸化作用を持っており、それが病気の予防や改善に働いてくれるからです。生活習慣病に関係なくさまざまな病気を引き起こす原因となるのが、活性酸素です。人間は生きている限り呼吸をしていますので、活性酸素の発生を完全に抑えることは不可能です。

活性酸素は細胞にダメージを与え、免疫機能を弱めたり老化現象を引き起こしたりするのです。ルテインは活性酸素の働きを抑えてくれるだけでなく、血管の詰まりを予防して炎症を防ぐようにも働いてくれます。血液をサラサラにしてくれますので、生活習慣病の発症リスクも低くなるのです。継続して摂取することにより生活習慣病や血液系の病気なども起こりにくくなるでしょう。

網膜剥離を予防する

目の中にある網膜が変性を起こしてしまい、自然に網膜が破れてしまって孔が開く病気のことを網膜剥離と呼びます。ボクシングなど強い衝撃が目に加わることで突然網膜剥離が発症する、加齢や糖尿病が原因で病気が起こることもあります。放っておくと最悪失明することもありますので、早めの診療が肝心となります。

普段から網膜を強く保つことで網膜剥離を起こすリスクを減らせるのですが、ルテインは網膜を強くする働きがありますので網膜剥離予防に効果的です。網膜を弱くする原因はいくつかありますが、その一つに加齢があげられます。加齢によって網膜が変性しやすくなるのですが、ルテインの持つ抗酸化作用で酸化を遅らせて、網膜を強く保つように働いてくれるのです。

ルテインは網膜剥離の予防だけでなく、眼精疲労の緩和や白内障、飛蚊症といった年齢とともに発症リスクが高くなるさまざまな目の病気に対して、予防効果が期待できると言われています。継続して摂取することで、一定の効果がみられるようになるでしょう。

しかし、ルテインには副作用が…

ルテインには抗酸化作用のあるカロテノイドという天然色素の一種です。野菜や果物に海藻など普段私たちが口にする食品の中に含まれています。白内障や緑内障だけではなく、飛蚊症予防や加齢黄斑変性予防にも効果があり、目の健康維持に欠かせないルテインは積極定期に摂取すべき栄養素です。そのため、食品だけではなくサプリメントとして摂取することをお勧めしています。

ルテインには合成と天然の2種類があります。天然はマリーゴールドの花から抽出しており、マリーゴールドの花にはルテインの含有量が高く、副作用の報告は特にありません。しかし、合成されたルテインは、石油を原料にし、科学的に合成されたものです。摂取することで目のかゆみや目の腫れ、咳や喘息といった副作用の報告があります。飲酒や喫煙の方が摂取した場合、肺がんになるリスクも高いといわれています。つまり、ルテインについて副作用の報告が挙げられているのは天然色素のルテインではなく、科学的に合成されたルテインのほうなのです。

サプリメントを選ぶとき、色素としてルテインを使用しているものもあります。サプリメントを選ぶ際、天然色素を使用しているサプリメントを選ぶようにしましょう。

正しい方法で摂取しよう!

ルテインはもともと食品に含まれている天然色素の一種で、薬とは違うので特にこの時間に摂取するべきとか、食前食後に摂取しなさいという決まりはありません。カボチャやニンジンにホウレンソウといった緑黄色野菜に含まれているので、この緑黄色野菜を毎日しっかり食べ続けなければいけません。

基本的に野菜は1日350g摂取しましょうと推奨されています。両手1杯分の野菜を毎日必ず摂取しなければいけませんが、現代人は食生活が乱れており、コンビニやファストフード店で食事をする機会が増えています。そのため必然と野菜不足に陥っているのです。食事から1日に必要なルテインを摂取することは難しいので、サプリメントからの摂取がいいとされています。サプリメントには1日に必要なルテインが含まれ、体に吸収されやすい形になっているため、効率よく栄養素を補うことが出来るのです。

ただし、サプリメントには1日の摂取量が決まっています。この摂取量以上に飲んだからと言って即効性があったり病気が完治したりするというわけではありません。大切なのは短期間で一気にルテインを摂取するのではなく継続して摂取し続けることです。普段パソコンやスマホをいじる機会があり、最近目の疲れに悩んでいる人はルテインサプリを始めてみてはいかがでしょうか。

サプリメントを安く購入する方法

健康成分配合のサプリメントは医薬品とまた違うので、即効性はありません。ルテイン配合のサプリメントも、効果を引き出すには最低でも3ヶ月ぐらいは服用を続ける必要があります。そのため、サプリメント自体をお得に購入したい方が多くいらっしゃいます。方法としては、定期便を使うのが理想でしょう。定期便とは、近年サプリメントや美容化粧品などで活用されているお得な買い方です。定期コースに申し込めば、5%から10%割引されるので、負担なく続けることができます。

後は、キャンペーンを上手く活用することでしょうか。期間中はサプリメントが通常価格より安くなるので、お得に購入したい人に最適です。さらにサイトによっては、一括購入するごとに割引されるケースもあるので、このチャンスを逃さまいとまとめ買いする方もいらっしゃいます。

ルテインが配合されたサプリメントは各メーカーから販売されているので、まずは飲み比べをして自分の体に合う商品を定期購入しましょう。

インターネット通販サイトが便利!

目の疲れや目の病気をブロックするルテインをサプリメントから摂取する人はここ数年で増加傾向にありますが、広告や通販番組でお馴染みの商品は、近くのドラッグストアや薬局で販売されていないことが多々あります。そのため、自然にネット通販での購入となります。今や、ネット環境があればお持ちのスマホやPCで簡単に買い物ができる時代ですし、ルテイン配合のサプリメントを比較することも簡単にできます。これもネット購入が盛んになった理由の一つでしょう。

・情報収集が簡単にできる

店頭に足を運ばず、ネットでサクサク購入できるのが通販サイトの魅力ですが、情報収集を手軽に行なえる点も、大きな利点でしょう。ルテイン入りのサプリメントは種類も豊富なので、各商品の知識や理解を深めることも重要です。それを簡単に行なえるのがネット通販の強みでもあります。

・操作が簡単

ネット通販の場合、その場で買い物かごに入れて購入手続きができるため、手軽で便利との声が多いです。配送場所も自身で設定できるのでわざわざ取りに行く必要はありません。届け先もサイト上で事前に登録しておけば、次買う時に再度入力する手間が省けます。また最近は、簡素化された配達が多いのでポストにそのまま入れることが多いです。そのお陰で、荷物の受取ができなかったなんてことになりません。

・他の商品も一緒に購入できる

健康食品を多く扱う専門サイトなら、他の商品をサプリメントと一緒に購入することも可能です。さらに指定金額まで購入すれば、配送料が無料になることもあります。

通販サイトで購入するメリット

店頭に足を運ばず、ほしいものをその場で購入できる通販サイトには、他にも数々のメリットがあります。

メリットその1.店員を気にせず買い物ができる

接客に力を入れているお店の場合だと、店員さんがわざわざ商品の説明を行なうことがあります。買い物ぐらい一人で楽しみたいと思う方も少なくありません。ネット通販は、自宅やカフェといった好きな場所で買い物ができるので、店員の目を気にする必要がありません。じっくり商品を探せるでしょう。

メリットその2.時間関係なく買い物ができる

店舗と違って24時間買い物ができる点もメリットです。深夜でも早朝でも、思い立ったらすぐ買い物できるので、利便性を感じるでしょう。昼夜逆転する業種の人たちからは、助かるとの声を多く頂いています。

気になるデメリットとは?

メリットがある一方で、通販サイトにもいくつかデメリットがあります。一つ目は、実際に手に取ることができない、二つ目は返品や交換が面倒くさい等です。画像や商品説明を知ることはできても、実際に飲んでみた時や服用感に温度差を感じることがあります。これは口コミで事前にチェックしていた場合でも少なからずあります。返品に関しても、期間が定められていたり梱包しなければならなかったりと大変なので、店舗で購入を済ませる方も少なくありません。とはいえ、店頭で販売されるサプリメントはそこまで多くないので、必然的にネット通販での購入となるでしょう。

ルテインのサプリの選び方

ルテインとは、600種類以上ある天然色素の一群であるカルテノイドの中の1つです。ルテインは、ホウレン草などの緑葉野菜に多く含まれていて、卵黄や動物脂肪などにも含まれていています。

人間の身体の中では酸化防止剤として利用されていて、青色光を吸収しているのです。ルテインは、サプリメントとしても使用されています。

そして、その効果は、まずは、パソコンなどの使用による有害な光から目を保護します。また、加齢などによる目の病気の治療にも期待されているのです。

ルテインサプリの選び方は、ルテインやその他の有効成分がどのくらい入っているかをチェックします。さらに、その吸収効率を高める加工がどれだけされているかにも注目しましょう。サプ リメント を継続して飲むことも大切な要素となりますので、価格も気にした方が良いでしょう。

まずはルテインの配合量をチェック

ルテインは、有害な光から保護してくれることや、目に関するあらゆる症状に良いといわれています。ルテインは、緑葉野菜や卵黄や動物脂肪などに多く含まれていて、1日に必要なルテインの量の目安は6mgといわれています。

それでは、どの食物からルテインをどのくらい摂取できるのでしょうか。ルテインを多く含む野菜では、さつまいもの葉が14,720μg、たんぽぽの若葉が13,610μg、野沢菜が12,825μg、ほうれん草が12,198μgになっています。

この場合の単位のμg(マイクログラム)は、mgの1000分の1です。さつまいもの葉やたんぽぽの若葉は、あまり食べることはないため、あまり参考にならないかもしれませんが、野沢菜やほうれん草にルテインは多く含まれています。

野菜以外では、生のピスタチオが2903μg、生の卵黄が1094μgです。この結果、ルテインは、緑葉野菜から摂取すると効率が良いのがわかりますが、含有量を見てみると食物から摂取することはなかなか難しいです。そんな時には、ルテインサプリを利用すると効果があるかもしれません。ルテインサプリにも、いろいろな種類がありますが、ルテインの配合量と1日の必要摂取量を考えて選ぶと良いでしょう。

ルテイン以外の栄養成分の量は?

ルテインサプリには、ルテインが含まれているのは当たり前ですが、他にも栄養成分が入っている場合があります。ルテインサプリを選ぶ基準として、どの成分がどれくらい入っているかも大きな要素です。

ゼアキサンチンは、ルテインと同じカロテノイドの一種で緑黄色野菜に多く含まれます。ルテインとゼアキサンチンの両方を摂取すると黄斑変性症になるリスクが低くなるといわれています。

ルテインとゼアキサンチンの比率は、5対1で配合されていると良いでしょう。アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、植物が紫外線などの有害な光からダメージを受けないために、自ら作り出した物質といわれているのです。さらに、ルテインとアントシアニンを配合すると、ルテインの吸収率が高くなるのです。

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血中脂質を低下させる働きをして、悪玉コレステロールや中性脂肪などを減らし血液がサラサラになります。そのため、ルテインと同時に摂取することで目の奥の部分までルテインを届けることができるのです。

飲みやすさを意識したタイプ・形状を

ルテインサプリは、錠剤が一般的な形態ですが、飲みやすさを意識してゼリーやグミのものもあります。例えば、ひとみ専門店の「朝のルテイン&プラセンタ」というルテインサプリは、ゼリータイプでとても摂取しやすいサプリです。

味もマンゴー風味で、サプリメントとして摂取するというよりも、おやつ感覚で小腹が空いた時などに食べるのにちょうど良いです。少々高額なのが難点ですが、食べやすさだけでなく、アメリカのケミン社で特許製法により作られた、水溶性のフリー体ルテインを使用していて、さらにプラセンタも配合していますので効果も期待できます。

また、UHA味覚糖の「グミサプリ ルテイン」は、グミとしておやつ感覚で食べられるルテインサプリです。UHA味覚糖は、グミなどのお菓子で有名な会社ですので、お菓子を食べているように食べやすいサプリメントです。

また、抗酸化作用が高く、ルテインと同時に摂取するとルテインの吸収力が上がるアントシアニンが配合されていますので、効果も期待できます。このように、ルテインサプリには、飲みやすさや摂取しやすさを意識したものもあるのです。

他のサプリメントとの相乗効果を調べる

ルテインサプリは、他のサプリメントといっしょに摂取すると、相乗効果が生まれて効果が上がるといわれています。例えば、クロセチンサプリやアスタキサンチンサプリといっしょに摂取すると効果が上がるといわれているのです。

クロセチンは、カロテノイドの一種で、果実などに含まれる黄色の天然色素です。ルテインと同時に摂取すると、抗酸化力が高まるといわれています。さらに、カロテノイドの一種で、天然の赤色色素であるアスタキサンチンと一緒に摂取するともっと抗酸化力が高まるのです。

他にも、アントシアニンサプリといっしょに摂取すると相乗効果が生まれるといわれています。ルテインサプリを摂取しても、目の血流が悪いと目全体までルテインの効果が届きません。

なぜなら、ルテイン自体には目の血流まで良くすることはできないためです。しかし、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが配合されているサプリメントをいっしょに摂取することで、アントシアニンが目の血流を良くし、栄養を運ぶことでルテインの効果が目の全体まで行きわたるのです。

口コミや評判を参考にするのもいい

ルテインサプリは、たくさんの種類があり、ルテイン以外に配合されている栄養成分もサプリメントによって違いますし、配合されている量も違います。そのため、どのルテインサプリを選んだら良いかとても難しく、なかなか自分では判断ができるものではありません。

そんな時は、インターネットなどで、口コミや評判を調べて参考にしてみることをお勧めします。口コミや評判は、基本的には実際に体験した人たちの生の声を聞くことができるため、信ぴょう性が高く正確な情報を手に入れることができるのです。

実際にルテインサプリがよく効くという情報だけでなく、あまり効かないという情報もあるかもしれませんので、いろいろな声を聞くことで、その商品の良さも悪さも両方の情報を手に入れることができるのです。ただし、口コミや評判は、信ぴょう性の高い情報が得ることができるのですが、それと反対に、商品が売れるために操作された口コミや評判が存在しているのが事実です。どの口コミや評判が本物なのかを判断して参考にしていくことが、とても大事なことなのです。

多くの商品を比較してから決める

ルテインサプリを摂取する目的は、パソコンなどの使用による有害な光から目を保護するためです。そして、目を保護するためにルテインサプリは作られているのですが、商品によってルテインの入っている量や、配合されている他の栄養成分の種類や量がそれぞれ違うのです。そのため、たくさんの種類があるルテインサプリの内、どれを選んだらいいかの判断がとても難しくなるのです。

ルテインを1日に摂取する目安は6mgから10mgといわれています。また、目に疾患のある人は、10mgから20mgの摂取が良いといわれています。

ルテインの摂取量は、少なすぎても多すぎても良くないといわれているため、自分の状況にあった摂取量を知ることは大切なことなのです。どのルテインサプリが自分にあっているかは、実際に多くの商品を比較してみると良いでしょう。

できれば、実際に試してみて自分にあっているものを選びましょう。そのことにより、ルテインの最適な摂取量や、他にどの栄養成分が配合されているのが自分に一番あっているのかを知ることができるのです。

長く服用できるサプリメント選びが大切 

サプリメントの上手な選び方としては、まずメーカーの信頼度や商品の品質を重視することが必要です。長く服用する場合は、原材料のチェックを必ず行なうべきです。ルテインなら、ほうれん草やブロッコリーなどどこから抽出されているかを見ましょう。売れ筋商品の多くは、原料がオーガニックなので、証明書がついていることがほとんどです。また商品の中には、添加物が多く使われているサプリメントもあるので、安全性を証明するものがあるか必ず確認する必要があります。

他にも純度に気をつけましょう。原材料にゼラチン、グリセリン、セルロースがといった名前がある場合は注意が必要です。これらは錠剤を固めるためのものなので、栄養面ではあまり優れていません。またアレルギー、高血圧といった持病持ちの場合、摂取できない成分が多々あるのでそこも注意しましょう。

サプリメントを長く服用するには、成分の安全性が最も重視されます。健康を意識するのなら、サプリメント選びに妥協しないことが大事といえます。