続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに!

【特集!】
今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに!

ルテインはどうして目に良いの?

目に良い成分として注目されている「ルテイン」。ルテインは元々人の体内、主に目の水晶体や黄斑部、乳房、子宮、大腸、皮膚に存在しています。特に目の水晶体や黄斑部の主要なカロテノイドが「ルテイン」と「ゼアキサンチン」であることにより、重要な働きを果たしています。

そのことから、ルテインは、自然のサングラスとも言われており、紫外線や蛍光灯、テレビ、パソコン、スマートフォンなどから発せられるブルーライトから守る力も備えています。

元来、人間の身体に存在するルテインなのに、なぜ今あえて目に良い成分として注目されているのでしょうか。

ルテインは体内にもともとあるものの、自分では作り出せない成分であるためなのです。

しかし、いろいろな食品に含まれてはいるものの、意外と量を日々摂取するのが難しいのが現実です。そのため、眼にトラブルを感じている人や予防を考えている人はサプリメントで摂ることをおすすめします。

また、ルテインには眼病含めさまざまな機能性があることが示唆されており、専門機関でも研究が進んでいます。

「医学・眼科関連の学会や研究機関においても、ルテインに関する研究が盛んに行われています。昨年 5 月には、眼科・視科学の国際学会である ARVO(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)において、シカゴ医科大学のスチュワート・リッチャー博士が黄斑変性症患者による FloraGLOR ルテインを使用したプラセボ対照実験*(脚注参照)について発表。また、米国眼科学会(American Academy of Ophthalmology)では、FloraGLOR ルテインに関するヘルス・フォーラムも開催されました。国内においても、レーザー医学会におけるスポンサー活動、名古屋市立大学大学院での特別講座など、ルテインに関する知識普及に注力しています。」

詳細は下記ページをご参照ください。

引用元:ケミンジャパン株式会社 プレスリリース「FloraGLORルテイン含有製品が続々登場」http://www.keminjapan.co.jp/health/press-release/pdf/03001.pdf(2003年1月31日)より

唯一のゼリー状ルテインサプリ!

ルテインサプリメントで唯一のゼリータイプである「朝のルテイン&プラセンタ」

なぜゼリー状なのか、ゼリータイプにはどんな効果があるのかを「ひとみの専門店」さんにお聞きしました。

なぜゼリータイプなのですか

朝のルテイン&プラセンタは、朝起きてすぐに食べられる「習慣化できるサプリメント」にこだわりました。そのため、脂溶性ではなく価格が高価な水溶性ルテインを採用しています。水溶性ルテインは食事後に取り入れるなどの制限がないため、脂溶性より吸収されやすいことが証明されています。また、毎日食べるものなので人工甘味料を使わず、味にもこだわり、美味しいマンゴー味にしました。濃い黄色の色は人口着色料と勘違いされるのですが、これはルテインの自然の色です。

なぜプラセンタなのですか

過去に目にいいサプリメントを開発していたスタッフが、本当に目にいいものにこだわった結果、東洋医学を取り入れ、目とつながりのある肝臓の健康に効果的とされるプラセンタを配合しました。女性にはお肌にも良く、高価なプラセンタサプリメントと同レベルのプラセンタを配合しました。それを本来実現できないような価格で提供しています。

朝のルテイン&プラセンタの詳細

ルテイン含有量40mg、ゼアキサンチンも2.4mg以上と目に必要な成分が業界トップの配合量。

>>朝のルテイン&プラセンタ公式ページはこちら

ルテインサプリ、最近色々とありますが、なかなか手が出せない方も多いかと思います。副作用は大丈夫なのか、ルテインサプリはどれも同じなのか、違うのであればどういうサプリを選べば良いのか、気になることは山ほどあるかと思います。でも、なかなか人に聞く機会もない。そんなルテインについてあなたが気になること、すべて網羅しました!

ルテインと目の関係

ルテインとは、もともと私たちの体の中に存在するものです。体の中で特に眼球に多く含まれ、目の老化を防ぐ働きや、有害な光から目を守る働きがあります。そのため、ルテインが減ると目にさまざまなトラブルが起こってしまいます。

ルテインの含まれている食品は何?

実はブルーベリーには含まれていないルテイン。ブロッコリーやかぼちゃ、芽キャベツなど、さまざまな食品に含まれているものの、含有量が多い食品は限られます。また、脂溶性という性質上、調理法にも一工夫が必要となります。

ルテインとブルーライト

波長が短い特性をもつブルーライト。高エネルギーのため、目への刺激も強くなります。ダメージを受ける網膜や黄斑部によって目のトラブルが起こるのですが、ルテインはブルーライトを吸収してくれるため目のトラブルに効果的だと言われています。

ルテインの副作用

ルテインには天然と合成があります。天然ルテインであれば、いくら摂取しても副作用の心配はありません。逆に合成ルテインの場合、量に関わらず、摂取すると胸やけや嘔吐などの副作用が心配されます。特に喫煙者は合成ルテインには要注意!

ルテインの摂取量

推奨されているルテインの1日摂取量は6mg~10mg。上限は体重によって変わるのですが、かなりの量なので、ルテインの過剰摂取になることは考えづらいです。とは言え、万一過剰摂取になったとしても健康への害は心配ありません。

ルテインと肝臓の関係

東洋医学では、目と五臓六腑はつながっていると言われています。特に関係の深いのが肝臓。肝臓が弱ると、疲れ目やかすみ、視力低下などの目のトラブルを抱えるリスクが上がります。抗酸化作用の高いルテインは元気な肝臓には欠かせません。

ルテインサプリメントが高い理由

ルテインにも、安いもの、高いものがあります。フローラグロールテインは、吸収しやすいフリー体ルテインで、安全性の高い高品質ルテインなので高価です。また、水溶性ルテインも吸収力が良いため、価格は高くなります。

ルテインの効果がない人

ルテインを摂取していても、必ずしもすごく効果を感じるわけではありません。もちろん、個人差という部分もありますが、効果の出ない人は意外と”吸収しづらいルテインを選んでいる””飲み方が悪い””生活習慣が悪い”のかもしれません。

フローラグロールテインって何?

FloraGLO(フローラグロー)ルテインとは、アメリカのケミン・ヘルス社が開発し、特許を取得したフリー体ルテインの結晶化です。高品質で安全性が高い一方、100%配合ではない場合も「フローラグロー」と表示できるため「フローラグロー100%」のルテインを選ぶことが大切です。

水溶性ルテインと脂溶性ルテイン

ルテインには水溶性と脂溶性があります。脂溶性ルテインのほうが多いのですが、脂溶性は飲むタイミングが限られ、吸収率も水溶性の約半分という試験結果も出ています。水溶性のものは限られていますが、即効性や確実性を求めるのであれば水溶性ルテインがおすすめです。

エステルルテインとフリー体ルテイン

ルテインには、エステルルテインとフリー体ルテインがあります。フリー体ルテインはそのまま吸収されますが、エステルルテインは脂肪酸とフリー体ルテインがエステル結合されているため、摂取後に体内で加水分解されて脂肪酸が取り除かれないと血液中に吸収されることはありません。

ルテインサプリメントの安全性について

ルテインサプリメントを選ぶ際は、安全性も確認したいところです。原料の安全性や製造場所は国内か、合成されていないか、他の栄養素の安全性や配合量は妥当か、価格と質のバランスは良いかなどです。面倒に感じるかもしれませんが、口に入れるものですので、事前にしっかりチェックしましょう。

ルテインを摂取するタイミング

ルテインは特に摂取する時間帯が決まっているわけではありませんが、タイミングによってはより効率的に摂取することが可能となります。ルテインは油分と一緒に吸収されるため、油分を含んだ食事を摂った後、βカロテンが含まれない食品を摂った後、がおすすめです。摂取するタイミングを間違えたとしても特に問題はありませんが、体内への吸収が悪くなってしまいます。十分な効果を実感するためには正しいタイミングで摂取することが重要です。

ルテインで加齢黄斑変性の予防

ルテインは、高齢者になるにつれて発症率が上がる加齢黄斑変性の予防にも効果があることが国内外の研究で明らかになっています。どうしてルテインが加齢黄斑変性の予防に良いのでしょうか?また、どのくらいルテインを摂取すれば良いのでしょうか?詳しく解説します。

ルテイン摂取で視力回復

目の健康を守ってくれるルテイン。抗酸化作用や光ダメージから目を守る作用があるため、視力回復にも役立つ栄養と言われています。とはいえ、視力回復と一口に言っても視力低下の原因はさまざま。どんなケースで視力回復に効果があるのでしょうか?

ルテイン摂取で便秘対策

ルテインには腸内環境を整え、便秘改善につなげる効果が期待できるため、便秘に悩む方は摂取しておきたい栄養素と言えるでしょう。ルテインが目以外に与える嬉しい作用をぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ルテインで白内障の予防と対策

白内障の予防にも効果が期待できるルテイン。ルテインの摂取量が多い人は、そうでない人と比べて白内障の発症リスクが低いそうです。年齢を重ねる中で蓄積する目へのダメージを減らしてくれるルテインは、加齢黄斑変性以外にも嬉しい予防効果があるのです。

ルテインとゼアキサンチンの違いについて

ルテインとセットで語られることの多いゼアキサンチンは、ルテインととてもよく似ている栄養素です。目の健康のためには一緒に摂取することが望ましいとされるゼアキサンチン。両者の違いを詳しくご説明します。