続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメントおすすめ成分別比較 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに! » ルテインとブルーベリー(アントシアニン)の違い

ルテインとブルーベリー(アントシアニン)の違い

ルテインの効果

「目によい」といわれるルテインですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

ルテインの効果としてまず知られているのが、高齢者の失明原因ともなる黄斑変性症への予防効果です。ルテインには活性酸素から黄斑を保護するはたらきがあり、ある研究では1日10mgのルテインを長期にわたって摂取することで黄斑変性症が改善したという報告もあります。

また、水晶体のたんぱく質が濁って視力が悪くなる白内障への効果も期待できます。ブルーライトや紫外線といった有害な光線を吸収する性質がルテインにはあるため、ルテインの摂取=白内障の予防に。ルテインの摂取量が少ないほど白内障を発症しやすいという因果関係も傾向があるようです。

そのほか、色彩の濃淡を調整するコントラスト感度の改善作用をはじめ、炎症を抑える作用も高いため、目の痛み、視力低下や視界のゆがみなどを引き起こすぶどう膜炎の発症リスク低減作用もルテインの効果として知られています。

ブルーベリーの効果

では、ブルーベリーにはどのような効果があるのかについても見ていきましょう。

ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれているため、ロドプシンの再合成を促進する作用が高く、目の疲労や加齢による目の症状への改善効果が期待できます。目のかすみやしょぼつき、ぼやける、といった症状です。

アントシアニンには高い抗酸化作用があるので、からだに有害な作用を引き起こす酸化ストレスにも効果的に力を発揮してくれます。酸化ストレスを緩和させるということは、たとえば、抗炎症作用や免疫増強作用も期待できるということ。また、アントシアニン同様に抗酸化作用の高いビタミンEもふんだんに含有しているため、より高い抗酸化作用を持っていることもブルーベリーの特徴でしょう。

ブルーベリーは目の網膜をサポートするビタミンAも豊富で、暗い場所でも見えやすくなったり夜盲症への改善などの効果も。

これら以外でもブルーベリーには高血圧改善作用のはたらきもあり、血圧の上昇による眼圧の低下も期待できるでしょう。

ルテインとブルーベリーを比較

特徴

【ルテイン】

目の細胞にダメージを与え、目の疲れや視力低下、さまざまな眼病を引き起こす原因ともなる紫外線やパソコン・スマホなどのブルーライト(青色光)から、目をガードしてくれる成分。紫外線やブルーライトによって発生する活性酸素を除去、有害光線から目を保護する作用があります。もともとルテインは水晶体や黄斑部に存在している成分であるため、からだへの負担もなく、安全性も高い成分です。

【ブルーベリー】

目の酷使などによって低下する、目で見た情報を脳に送る役割を担う物質・ロドプシンの合成を促進する力を持っている成分です。ロドプシンは光をうけるたびに分解され、再合成される性質をもっているため、光を浴び続けると再合成が間に合わず、かすみ目やボヤケの原因に。ブルーベリーにはその再合成を助ける作用があります。

成分の違い

【ルテイン】

カロテノイドの一種。天然由来のものはマリーゴールドの花弁から抽出したものが主流。

【ブルーベリー】

ポリフェノールの一種である、アントシアニンが主成分。

ルテインに成分が含まれる、というよりも、ルテインはカロテノイドという成分の一種。ほうれん草やブロッコリー、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれているほか、マリーゴールドにも良質のルテインが含まれていることが知られています。水晶体や黄斑部といった目の各所をはじめ、皮ふ、子宮頸部、乳房などに存在していますが、加齢とともに減少するほか、人体で生成することができません。

一方のブルーベリーは、ブルーベリー由来の抽出成分のこと。ポリフェノールの一種であるアントシアニンをたっぷり含有している点がブルーベリーの特徴です。アントシアニンは目に効果的なはたらきをしてくれる半面、熱に弱い弱く、体内に長い時間滞留できないという側面もあります。

はたらき

【ルテイン】

光が与えるダメージから目を守るはたらきがあることが知られています。ルテインが足りなくなると水晶体や黄斑部が紫外線やブルーライトの有害光線で目の細胞が損傷し、視力低下や黄斑変性症などを発症する危険性が大です。

【ブルーベリー】

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが、目のピントを合わせるために必要な物質・ロドプシンを助けるはたらきが。網膜にあるロドプシンの機能が低下してしまうと、字や物がボヤけて見えたり、ピントが合うのに時間がかかったりしてしまいます。

効果効能

【ルテイン】

ルテインならではの特徴的な効果が、紫外線を吸収する作用。そのため、眼球に入ってきた紫外線をクリーニングするとともに、紫外線によって発生した活性酸素による目の細胞へのダメージを最小限に抑える効能が期待できるでしょう。

既述の黄斑変性症をはじめ、視界のなかを蚊が飛んでいるように見える飛蚊症、水晶体が白濁して視力が落ちる白内障などの予防にも効果を発揮してくれます。

【ブルーベリー】

アントシアニンは抗酸化作用をもつため目の老化予防をはじめ、生活習慣病の予防・改善や便秘の解消など、幅広いアンチエイジン作用が期待できます。

眼精疲労の改善や目の血行の促進のほか、血中のコレステロール値の降下、花粉症の改善などの作用も、アントシアニンを豊富に含むブルーベリーの効果の特徴です。

効果の持続性

【ルテイン】

からだのなかに成分がとどまり続けるため、1度摂取すれば体外に排出されることはなく、持続的に効果をえることができます。ただし、成分は少しずつ消費されていくので、定期的に成分を補給してあげるといいでしょう。

【ブルーベリー】

体内滞留時間が短く、からだに吸収されてから24時間以内に尿とともに排出されてしまい、効果は極めて時限的。そのため、翌日には効果をえられなくなってしまいます。ブルーベリーの効能を持続的にえるためには、毎日の摂取が欠かせません。

一日当たりの摂取量

【ルテイン】

ルテインの効果をえるためには、1日あたり6mg以上の摂取が理想的。とくに、眼病予防目的で用いるなら10mg以上、眼病治療に用いるなら10~20mgの摂取が求められます。

【ブルーベリー】

1日120~150mgのブルーベリーエキスの摂取が標準的摂取量です。

副作用

【ルテイン】

天然のルテインには副作用はありません。ただし、人工的に生成された合成ルテインの場合は、喫煙による発がんリスクがある場合もあります。そのため、天然由来のルテインを選ぶことをおすすめします。

【ブルーベリー】

健康な人が使用するぶんには、副作用はないものの、妊婦が摂取する場合は摂取量に注意。ブルーベリーにはビタミンAも多く含まれているので、過剰摂取すると胎児がぜんそくになることも。また、抗凝固剤を使用しているケースでも、止血作用への影響がでる場合もあるので注意してください。

摂取上限値

【ルテイン】

過剰摂取を防ぐために、1日あたり2㎎/kgまでの摂取が望ましいでしょう。体重50kgの成人なら、2mg×50で100mg/日が目安となります。

【ブルーベリー】

とくに摂取上限はないものの、過剰摂取とならないように心がけましょう。

作用するしくみ

【ルテイン】

ルテインを摂取すると、目の黄斑部や水晶体に届けられます。ルテインには高い抗酸化作用があるので、黄斑部や水晶体で悪さをしている活性酸素を除去し、目のコンディションを整えてくれるのです。さらに、活性酸素発生の要因ともなる紫外線やブルーライトなどの有害光そのものを吸収し、目を疲労や病気から守ってくれます。

【ブルーベリー】

目で見たものを脳に伝えてピントを合わせるためのたんぱく質の一種、ロドプシンの再生成を活性化させ、見えやすい状態へ改善していきます。また、素早く脳へピント照準情報を送れるようになるため、同様のしくみによって暗闇でもすぐに目が慣れて見えやすくなることがわかっています。