続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに! » ルテインとブルーライト

ルテインとブルーライト

ブルーライトってなに?

昔は少なかったブルーライトも、今は日常に溢れかえっているため、その悪影響が注目を浴び、ブルーライトをカットする眼鏡や液晶フィルムもよく目にするようになりましたよね。では、そもそもブルーライトってなんでしょう?私たちは普段いろいろな光と付き合っていますよね。太陽光はもちろんのこと、電気やテレビ、パソコン、スマートフォンなど。太陽光も、赤や橙、黄色、緑、藍色、紫、青といった多くの色が合わさって白い光となっているのですが、実は蛍光灯の光も青、緑、赤を重ね合わせて作られているのです。そして、近年急激に普及したのがLEDライト。これが、青と黄色の光が掛け合わされて作られているため、青い光が強いという特徴があるのです。これがいわゆるブルーライトです。このLEDライトは、テレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶にも使われているため、私たちの生活にはブルーライトが溢れかえっているのです。

ブルーライトは何が問題なの?

「朝起きたら太陽の光を浴びましょう。体内時計がリセットされてシャキッと起きられますよ!」なんて話をよく耳にするかと思いますが、これはブルーライトが関係しています。太陽光に含まれるブルーライトを浴びると、脳の中で眠気を導くメラトニンを作るのをお休みしよう!という動きが出始めます。メラトニンの産生量が減ると、眠気が吹き飛んでいきます。これが体内時計のリセットという状態なのです。しかし、夜もテレビやスマートフォンなどで当たり前のようにブルーライトを浴びる生活を送っていると、眠気が起きずに目がさえてしまいます。脳や体がリラックスできていない状態ですので、寝つきが悪くなったり、質の悪い眠りになってしまい朝が辛くなるといった悪影響が出るのです。

ブルーライトと目の関係は?

では、目への影響は?というと、光の波長が短いブルーライトは、空中にあるホコリなどで散乱してしまうそうです。それにより、見ている画面にブレやちらつきが表れてしまい、なんとかピントを合わせようと目を酷使するため、目の筋肉の疲労や、視覚を必死に認識しようとする脳にまで疲れが出てしまうとのこと。さらに、ブルーライトの光はとてもエネルギーが強いのです(紫外線の次に強いそう)。目への刺激が強いために網膜や黄斑部がダメージを受け、網膜に異変が起こったり、加齢黄斑変性症が引き起こされます。特に加齢黄斑変性症は、加齢による老廃物や活性酸素によって受けるダメージが積み重なって起こることが研究で明らかになっています。

そうした問題を防ぐために摂りたいのが、ルテイン。ルテインは抗酸化作用がありますから、加齢による酸化が大きな原因となる加齢黄斑変性症に良い影響を与えるのは納得ですよね。さらに、ブルーライトを吸収し、遮断する(網膜まで届かないように防ぐ)働きがあるため、ブルーライトによるさまざまなトラブルを回避できる可能性が高くなるのです。

ルティンとブルーライトによる目の病気対策

ルテインは目の黄斑部と呼ばれる場所に、ゼアキサンチンという成分などとあわせて存在しています。目の周辺の筋肉が動くのをサポートしながら、酸化を防いで目を守っています。 ルテインは人間が生まれながらにして持っている成分ですが、体内で合成ができないため、食品やサプリメントなどから補わなければなりません。

体の中では活性酸素と呼ばれる物質が合成され、活性酸素は体を錆びつかせて老化へと導くため、ルテインが足りていなければ目の中もどんどん老化に進んでいきます。 体に不足しがちな成分といえばビタミンやミネラルなどが広く知られていますが、ルテインも例外ではありません。

また、体の中で合成ができない成分ですから、ルテインを直接補うことが目の老化を防ぐ手段とも考えることができます。 最近ではスマートフォン、携帯電話、パソコンなど多くの電子機器から発せられる「ブルーライト」と呼ばれる光が、疲れ目を引き起こすことが知られています。

ブルーライトの光を目に当て続けると、眼精疲労やドライアイなどの症状が出たり、網膜にダメージを与える可能性などが指摘されています。 ブルーライトによる目のダメージは、ルテインの過剰消費にも繋がります。ルテインは目の健康を守るために使われますので、できるだけブルーライトが目に入らないように注意しながら、同時にルテインも補っていく必要があります。

ルテインを十分に補給することは、目のアンチエイジングにも役立ちます。サプリメントなら一日分の必要量を摂取できますので、食事などと併せてサプリメントを習慣にしてみてください。

ブルーライト対策とルテイン摂取による目の改善効果

現代社会に光はなくてはならない存在です。スマートフォンなどの液晶画面からはもちろん、省エネやエコでおなじみのLED製品などの照明器具も同様にブルーライトを発しています。 ブルーライトは波長が短い光なので、空気中に舞うホコリなどの影響を受けて散りやすいという特徴があります。

この効果によって、目はものを見る時にピントを合わせようとして集中し、毛様体筋と呼ばれる目の周辺の筋肉が酷使され、眼精疲労などの症状が現れてきます。 ブルーライトそのものも紫外線に次ぐエネルギー量を持っているため、網膜などに与える影響は少なくありません。

直接目にブルーライトが当たり続ければ、網膜や黄斑部に疾患が現れる可能性もあります。 ブルーライトによる目の病気を予防するには、ブルーライトをカットする専用の保護フィルムやシールなどを使ったり、スマートフォン用のブルーライトカットアプリを使う方法があります。家電製品などの照明器具にも、ブルーライトをカットした製品が出ています。

パソコンやテレビなどから発せられるブルーライトを防ぐための大判タイプのフィルターやパネルもありますので、こちらも目に優しいアイテムです。 他にも、ブルーライトカット処理を施したサングラスやメガネなどが販売されていますので、外出先でも目を保護するためのアイテムを用意しておくとさらに安心です。

ただし、ブルーライトをカットしても、体内の活性酸素によって目は徐々に老化していきます。ブルーライトをできるだけ目に入れない工夫も重要ですが、ルテインなどのように目を守る成分も同時に摂取していくと、さらに目の健康に役立ちます。

ルテインは緑黄色野菜に豊富に含まれていますが、一日分の必要摂取量を野菜から摂るのは大変です。 食事のバランスを整えることも重要ですが、外出先や移動中など食事が摂れない時にはサプリメントをうまく活用して、目の健康を維持していきましょう。

参照:『ルテインとその機能性』公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン 89巻11号 2015
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/89/11/89_KJ00010091115/_pdf/-char/ja

  1. ルテインと目の関係
  2. ルテインの含まれている食品は何?
  3. ルテインとブルーライト
  4. ルテインの副作用
  5. ルテインの摂取量
  6. ルテインと肝臓の関係
  7. ルテインサプリメントが高い理由
  8. ルテインの効果がない人
  9. FloraGLO(フローラグロー)100%ルテインって何?
  10. 水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?
  11. エステルルテインとフリー体ルテイン
  12. ルテインサプリメントの安全性について

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!