続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに! » ルテインの含まれている食品は何?

ルテインの含まれている食品は何?

ルテインはどんなものを食べれば摂れるの?

「目にいい食べものと言えばブルーベリー!ブルーベリーに多く含まれてるんでしょ?」と思った方、ごめんなさい。残念ですがルテインはブルーベリーには入っていないのです。ルテインは実はいろいろなものに含まれています。たとえば卵黄や緑黄色野菜、濃い色の果物などです。しかし、卵黄はLサイズで1個あたりたったの0.2mg、ブロッコリー100gで1㎎と含有量は非常に少なくなります。かぼちゃや芽キャベツ、にんじん、グリンピースなど、比較的含有量が多いと言われている野菜たちも、ブロッコリーと同じレベルほどしか摂取できません。

その中でもかなりしっかり量を摂れるのが、ケール、パセリ、ほうれん草です。ケールで100gあたり10㎎程度、パセリも同程度、ほうれん草は100gあたり5㎎程度ルテインを含んでいると言われています(日本と海外のデータにも差があり、日本の中でも含有量のデータは多少差があるのですが、この3つの野菜が群を抜いてルテイン含有量が多いのは共通しています)。ルテインは1日6~10㎎を摂取することが推奨されているため、この3つの野菜を取り入れれば比較的楽に目標量を摂取することができるかと思います。ただし、ルテインは脂溶性のため油と一緒に摂取することがすすめられています。生でそのまま食べるのではなく、油で炒める、揚げるといった作業が必要。もし生で食べたい場合は、マヨネーズやオイルをかけて食べることをおすすめします。

実はお茶にもルテインは多く含まれていると言われているのですが、油溶性ですのでお湯ではルテインは溶け出てこないために摂取できません。飲用ではなく茶葉を細かくして炒め物に入れるなど、食べる工夫が必要となります。

ルテインは日常的に不足しやすいもの!

ご説明した通り、ルテインを多く含む食品は限られてしまいます。ケールの青汁を日常的に愛飲している人はともかく、そうでなければケールやパセリを毎日大量に摂取するのは難しいですよね?となると、毎日ほうれん草をひたすら食べ続けなくてはいけなくなります。大切なのは、毎日コツコツ継続できる方法を模索すること。無理なく続けることを考えると、サプリメントを取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。

  1. ルテインと目の関係
  2. ルテインの含まれている食品は何?
  3. ルテインとブルーライト
  4. ルテインの副作用
  5. ルテインの摂取量
  6. ルテインと肝臓の関係
  7. ルテインサプリメントが高い理由
  8. ルテインの効果がない人
  9. FloraGLO(フローラグロー)100%ルテインって何?
  10. 水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?
  11. エステルルテインとフリー体ルテイン
  12. ルテインサプリメントの安全性について

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!