続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに! » ルテインと肝臓の関係

ルテインと肝臓の関係

目と肝臓との関係とは?

東洋医学で言われる”目は五臓六腑の精”(ごぞうろっぷのせい)とは、目が体の多くの器官とつながっていることを表した言葉です。その中でも、特に関係が深いのが肝臓。”目が悪い人は肝臓が悪い”なんて言う人もいるくらい、関係性は濃密です。肝臓の働きはご存知ですか?血液中の老廃物を分解して解毒したり、浄化してサラサラにする働きがあります。血液が綺麗で体のすみずみまで行き届いているということは、血液の働きである酸素や栄養素を運ぶ仕事も順調に行われるということです。その状態であれば、目も元気でいられます。しかし、肝臓の働きが悪くなると血液はサラサラな状態を保てなくなり、ドロドロした血液は栄養素を体中に行き届かせることができず、酸素や栄養素が不足した目はかすみやぼやけ、疲れ目、ドライアイ、視力低下といったトラブルを抱えることになります。糖尿病の場合、気を付けないと失明のリスクもある、という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは、やはり血液が関係します。血糖値が上がると血液はドロドロになりますので、目に必要な栄養素や酸素が届かなくなり、視力低下が進んでいくそうです。

ルテインの肝臓への効果

ルテインの摂取によって、肝臓の機能を正常化させることができます。これは、ルテインの抗酸化作用によるものです。肝機能障害を引き起こす原因は「活性酸素」だと言われています。肝臓は酸素を消費することが多いため、活性酸素が発生しやすいそうです。たくさん生まれた活性酸素は肝臓にダメージを与え、肝臓は元気でいることができなくなります。では、肝臓を元気にするには?そう。活性酸素から守ることです。活性酸素は細胞を攻撃して酸化させてしまいます。しかし、高い抗酸化力のあるルテインは、細胞の代わりに活性酸素の攻撃を受けて酸化することで細胞を守ってくれるのです。肝臓が元気でいてくれれば、血液はサラサラのまま、目は栄養も酸素も得ることができてトラブルなしの生活を送れます。そのためには、ルテインを積極的に摂ることは重要なのです。

  1. ルテインと目の関係
  2. ルテインの含まれている食品は何?
  3. ルテインとブルーライト
  4. ルテインの副作用
  5. ルテインの摂取量
  6. ルテインと肝臓の関係
  7. ルテインサプリメントが高い理由
  8. ルテインの効果がない人
  9. FloraGLO(フローラグロー)100%ルテインって何?
  10. 水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?
  11. エステルルテインとフリー体ルテイン
  12. ルテインサプリメントの安全性について

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!