続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 【特集!】今話題のルテインとは?!その全貌が明らかに! » 水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?

水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?

ルテインには水溶性と脂溶性があるの?

ルテインを調べていると、その性質に「脂溶性」というものが目につきますよね。そのため、「ルテイン=脂溶性」だと思っていませんか?しかし、実は水溶性のものもあるのです。その違いはなんでしょうか。

ルテインには水溶性と脂溶性のものがあり、多いのは脂溶性のものです。食品から摂取するルテインも脂溶性の性質を持っていますので、揚げる、炒めるなどして、油と一緒に摂取することが求められます。また、脂溶性のルテインサプリの場合は、食後に摂取しないと体内でうまく吸収されませんので、飲むタイミングが限られるというデメリットがあります。一方、水溶性ルテインであれば、食後に摂取する必要がありません。さらに、水溶性ルテインを製作している企業が水溶性と脂溶性のルテインについて比較実験をしたところ、8日間の摂取期間において、脂溶性ルテインを摂取した場合より水溶性ルテインを摂取したほうが血中ルテインの濃度が2倍程度高かったそうです。しかも、摂取1日目の血中ルテイン濃度が上昇する速度も水溶性ルテインのほうが速かったと言います(ヒトでの摂取試験)。つまり、脂溶性ルテインに比べて水溶性ルテインは吸収力が抜群に良いため、すぐにしっかりと体内に吸収され、その活用度も高いと言えるのです。

水溶性製剤化ルテインである「サンアクティブLT」において、ラットおよびヒトでの試験にてルテインの生体利用率が向上することが示唆される結果が得られました。

引用元:太陽化学工業(http://www.taiyokagaku.com/health/bioavailability_lutein)

水溶性ルテインのほうが使い勝手が良くて、しかもしっかり吸収されて効果も出やすいなら、みんな水溶性ルテインにすれば良いのに?と思われた人もいるかもしれません。しかし、水溶性ルテインにもデメリットがあります。それは…価格です。どうしても高額になってしまうのです。とはいえ、吸収率が脂溶性ルテインの約2倍なのであれば、2倍の価格が妥当とも言えます。しかも、即効性もあるのであれば、もう少し価格が高くても納得できるのではないでしょうか。そこは、人による価値観の違いにはなるかと思いますが、もしすでに目になんらかのトラブルを感じているのであれば、多少価格が高かったとしてもできるだけ速く、しっかり効果を実感できるものを選ぶことをおすすめします。

  1. ルテインと目の関係
  2. ルテインの含まれている食品は何?
  3. ルテインとブルーライト
  4. ルテインの副作用
  5. ルテインの摂取量
  6. ルテインと肝臓の関係
  7. ルテインサプリメントが高い理由
  8. ルテインの効果がない人
  9. FloraGLO(フローラグロー)100%ルテインって何?
  10. 水溶性ルテインと脂溶性ルテインって何?
  11. エステルルテインとフリー体ルテイン
  12. ルテインサプリメントの安全性について

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!