続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメントおすすめ成分別比較 » 【決定版!】目にいいサプリメント全比較! » やわたのめばえの口コミ評判・成分効果はどう?

やわたのめばえの口コミ評判・成分効果はどう?

やわたのめばえの特徴や配合成分とは?

健康食品を取り扱っている八幡物産は、自然の中に含まれている健康の種を活用して、身体の健康促進に取り組んでいる会社です。そんな八幡物産が販売しているやわたのめばえは、消費者庁から機能性表示食品として受理された、目の健康を調整するためのサプリメントです。

このサプリメントに配合されている機能性関与成分ルテインの一粒当たりの配合量は、マリーゴールド由来のものでなんと20mg。このルテインは、人間が年齢を重ねるごとに減少していくもので、自身の身体では作ることができません。つまり、外から摂り入れるしかルテインを補給する方法はありません。やわたのめばえは、目の健康に欠かすことができないルテインを1度に20mgも摂り入れることが可能なのです。これは、他社のルテインサプリメンと比較してもトップクラスの配合量といえるでしょう。

やわたのめばえには、ルテインのほかにも、さまざまな目にやさしい成分が多数含まれているのも大きな特長です。例えば、イチョウ葉エキス。この成分には身体の中に流れている血液の流れを改善してくれる効果があります。目に届けられる血液の流れが良くなると、疲れ目や充血、目の下のクマなどを改善することが可能になります。加えて、イチョウ葉エキスには抗酸化作用があることで知られています。これは、体内に発生して老化などの原因にもつながる活性酸素を抑えてくれる働きのことです。つまり、イチョウ葉エキスを摂り入れることで、目の老化防止も期待できます。このほかにも、同じく抗酸化作用をもち、ビタミンEも豊富な紅花油なども配合されているので、目の健康を促進するとともに、アンチエイジング効果にも役立ってくれるサプリメントがやわたのめばえ、というわけです。

このサプリメントは、八幡物産が運営している公式サイト以外からは購入することができません。価格は約1か月分の30粒入りで1,728円(税込)。1日当たりでは約55円となります。他社のサプリメントでは1粒あたり40円あたりが相場だといわれているので、確かに少々高めな印象があります。しかし、その分、ルテインの配合量は群を抜きます。もし、効果を実感することができなかったとしても、商品が到着してから3か月以内であれば、全額返金保証がついてくるので、お試しのつもりで気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

注文の際には別途216円の送料が必要なので、事前にチェックしておくといいでしょう。そのほかにも、毎月の決まった日に届けてくれる定期便サービスも完備しています。

やわたのめばえの口コミ

やわたのめばえを飲んで見た方の感想

50歳という大台に手が届くのも残りわずか。身体も色々とガタが目立つようになってきました。日ごろパソコンの前で仕事をしているせいか、年を経るにしたがって、だんだんと視界もぼやけるようになってきています。ものがはっきりと見えないということは、結構なストレスになるのだなぁ、と今さらながらに実感するようになりました。

何らかの対策を講じなければいけないと思いつつもどうすれば良いのか、途方に暮れていた時に出会ったのがやわたのめばえでした。体内では作ることができないルテインという成分を摂り入れることができるということ、そして販売しているのが「やわた」という、自分でも知っているメーカーであること、もう一つ、30日間の返金保証がある、ということだったので試してみることに。

公式サイトで注文してから4日で、段ボール箱に入ったやわたのめばえが届きました。内容は、30粒入りの商品が一袋。明細書、紹介冊子、追加注文はがきなど10点。結構なボリュームですね。1日に1回、一粒飲めばいいということ、毎朝飲むことに決めました。粒の直径は1.2㎝ほど。これなら錠剤が苦手という方でも安心して飲めると思います。

飲み始めてから2週間ほどが経過したころ。あれほどかすみがちだった目が、はっきりと見えるようになってきました。最初は「これは気のせいで他の要因もあるんだろう」と思っていたのですが、めばえを飲み始める以前はこんなことはなかったので、やはり何らかの効果が表れたのかな、と思うようになりました。さらに飲み続けていると、パソコンの画面に表示された文字も鮮明に見えるようになり、仕事の能率もアップ。あんなにストレスを感じながら仕事をしていたことが、嘘みたいです。

やがて最初に注文した30粒をすべて飲み終えて、気がつくと追加注文はがきにペンを走らせていました。今ではあんなにぼやけて見えていた視界が、とてもはっきりと見えるようになり、色の濃淡も明確に判別できるように。視界が広がると、本当に自分の世界も広がっていく感じがします。自然に気持ちも上向きになり、ポジティブな考え方ができるようになりました。

気をつけておきたいのは、やはり毎日飲み続けていくこと。1日の中で飲む時間を決めて、それを習慣化することを意識することが重要になってくると思います。やわたのめばえは、医薬品ではなくサプリメントなので気軽に飲むことができ、身体に合わなかったら止めればいいだけ。努力は効果につながっていくと思いますよ!

やわたのめばえの詳細

主な成分
  • ルテイン:20mg
  • 紅花油
  • イチョウ葉エキス粉末
  • マリーゴールド色素
  • フィッシュゼラチン
  • グリセリン
  • 増粘剤(ミツロウ)
  • 植物レシチン(大豆由来)
  • ビタミンE
  • ヘマトコッカス藻色素
  • トマト色素
やわたのめばえ画像
引用元:やわた公式HP
http://www.yawata.tv/
ルテイン品質
  • マリーゴールドから抽出された天然のルテインを使用。
  • ルテインの配合量は1粒当たり20mg
サプリタイプ ソフトカプセル
摂取方法
  • 1日1粒を目安に水等と一緒に摂取
モニター特別価格 なし
通常購入 1,728円(税抜)(30粒/約1ヶ月分)送料:216円 代引き手数料:要お問い合わせ
定期購入 毎月1袋の場合
1,642円(税抜)(30粒/約1ヶ月分)送料:216円 代引き手数料:要お問い合わせ
3か月ごとに3袋ずつの場合
4,679円(税抜)1袋あたり(30粒/約1ヶ月分)送料:無料 代引き手数料:要お問い合わせ
返金保証 あり(商品到着から3か月以内)

【決定版!】目に良いサプリメント全比較!

やわたのめばえのブルーベリー&ルテインの機能性表示

めばえの機能性関与成分名はルテインです。

めばえに含まれているルテインには、目の黄斑部の色素量を維持するはたらきがあるほか、パソコンやスマートフォンなどが発する青色光(ブルーライト)をはじめとした光の刺激から目を保護するはたらきが知られています。

また、ルテインのもつコントラスト感度の改善作用により、目の調子を整える機能があることも報告されている成分もあります。これらが、表示性機能食品として、めばえの表示しようとしている機能です。

商品含有成分の検証方法

めばえの機能性にかんする消費者庁への表示性機能食品の届出者(八幡物産)は、ルテインを含んだサプリメントが目の調子を整える効果についての検討をしています。

ひとの目の水晶体と黄斑に存在しているカロテノイド色素が、ルテインです。高い抗酸化作用をもつルテインには酸化ストレスを抑制する作用のほか、視機能の低下をまねく有害光線を吸収する作用、黄斑や水晶体を保護する作用があることがわかっています。

ですが、ルテインは体内で合成することができません。くわえて、加齢などによって漸減していく性質をもっているため、食事などから傾向摂取することが求められる成分なのです。現在、ルテインを配合したサプリメントが多く市販されているのも、こうしたルテインの特性によるものだといえるでしょう。

半面、ルテイン配合サプリメントが、目に対してどのように効果を発揮するのか、その有効性について健常人を対象とした研究レビューは報告されていないのが実情でした。

そこで、メーカーではルテインが目の調子を整えるのに有効かどうかを検討することを目的とし、健常人がルテイン配合サプリメントを摂取したケースと、摂取しないケースとを比較したのです。

レビュー対象とした研究の検索対象期間は2005年~2015年3月。ルテインを含んだサプリメントを摂取し、目への効果があったのかをリサーチした論文を抽出しました。検索の結果、収集した相反利益のない332報の関連論文から、6報のランダム化比較試験をピックアップして、検証しています。

検証結果の結論

果たして検証の結果はというと、ルテインには黄斑色素光学密度を上昇させるはたらき、ならびにコントラスト感度を改善させるはたらきについての有効性が示唆されたのです。

特徴的だったのは、ルテインをはじめとした目の黄斑部に存在する色素の量を測定した黄斑色素光学密度、濃淡や色の識別能力を測定したコントラスト感度。各研究を調べたところ、ルテインを配合したサプリメントを摂取することで、紫外線やブルーライトといった有害な光のダメージから、目の黄斑部を守るはたらきをする黄斑色素の生成を促進し、コントラスト感度を改善することで「目の調子を整える効果がある」と結論付けられました。

科学的根拠の質については、対象者が限定的で否定的な文献が出されていないなどの側面はあるものの、黄斑色素光学密度の上昇やコントラスト感度の改善傾向もみられていることから、科学的根拠の質の強さは中程度と判断されています。

ブルーベリー&ルテインの安全性に関する評価

めばえの消費者庁への機能性表示食品届出に際し、メーカーの八幡物産では安全性の評価についても「既存情報による食経験の評価により、十分な安全性を確認している」とまとめています。

めばえは、2013年7月1日に一般に発売されてから、2015年2月28日までに累計63,144パック(1日1粒×30日分)を出荷。これまで(機能性表示食品の届出時点)、実質11,767人がめばえを飲用・摂取してきました。しかし、そのなかには、めばえが原因で死亡や入院、商品の回収などにつながるような重篤な副作用が引き起こされたという報告・情報はありません。

八幡物産に寄せられている、健康被害情報が記録されている利用者との会話記録のうち比較的重篤性の高いものから、めばえ購入者を対象に、区分(1)としてクレーム・意見・不安、区分(2)としてサプリメント、区分(3)としてアレルギー(発疹・痒み・咳・呼吸・腫れ)および身体異常(アレルギー以外)の条件で抽出しました。

結果、14 件の報告が検出されましたが、その内容はめばえとの因果関係が不明である、または一時的症状や個別の症例などであり、重篤な副作用にかんする情報はなかったとのことです。

また、めばえの原料の安全性についても言及されています。それによると、機能性関与成分であるルテインの原料であるマリーゴールド色素は食品添加物の基準を満たしているとのこと。つまり、安全性の問題となるような原材料は使用していない、ということです。

食糧農業機関(Food and Agriculture Organization:FAO)、WHO合同食品添加物専門家会議(Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives:JECFA)では、ルテインとゼアキサンチンを安全に摂取できる合計量として体重1kgあたり1日2 mgの摂取までは問題ないとされています。めばえの場合、1日あたりの摂取目安量1粒のうち、ルテインの含有量は20mg。つまり、体重10kg以上の成人であれば、安全に摂取できるという評価です。

2004年6月の第 63回 JECFA(合同食品添加物専門家会議「FAO/WHO Joint Expert Committee on Food Additives」)では、ルテインの添加物としての再評価もなされました。

それによると、ルテインとゼアキサンチンの合計の ADI は体重1kgあたり0~2 mgとされています。つまり、体重 50 kg の成人で~100 mgのルテインを適切に経口摂取するぶんには、「おそらく安全と思われる」という評価となっています。

なお、ルテインの摂取が原因と考えられる危害情報のうち、現在までに報告されている事例には、柑皮症を発症した62歳の女性のケースがあります(データベース:独立行政法人国立健康・栄養研究所 「健康食品」)。このケースでは、ルテインの摂取量や摂取形態は不明であるものの、2年間摂取し続けたしたということですが、めばえについては1日あたりの摂取量を遵守し、適切に摂取していれば柑皮症のリスクは低く、心配はないでしょう。

摂取する上での注意事項として消費者庁への届出で記載されているものとしは、「試験管内におけるヒトの肝臓組織を用いた試験(ヒト肝ミクロソームを用いたin vitro試験)において、薬を代謝する為の酵素(CYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4、CYP3A5)に影響を与えなかったという報告」があるものの、いまのところ健康を脅かすような医薬品との相互作用は確認されていません。

これらのことを踏まえ、メーカーの摂取目安を守って摂取していれば、めばえには危険性はみられない、という評価となっています。

本記事の参照元サイト