続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメントおすすめ成分別比較 » 目の悩みのすべてとサプリメント » 白内障とサプリメント

白内障とサプリメント

白内障の症状って?

白内障という言葉、よく耳にしますよね。でも、意外と症状をきちんと把握できていない人も多いのでは?改めて白内障がどんな症状の病気なのか、効果のあるサプリメントはどういう成分が配合されているものかを紹介します。

白内障と言うと、ボヤーっと視界が白くなるイメージですが、正確にはちょっと違います。そもそもの原因は水晶体のにごり。水晶体がにごると光が十分に入ってこなくなりますよね。それによって薄暗く見えてしまいます。その程度なので、視力が下がったな…と思うくらいで自覚症状が少ないのが白内障の特徴で、痛みもないため気付いたときにはかなり進行してしまっていることも多いのだそう。ほかの症状としては、夜間に光が眩しく見えること。人の目は夜は瞳孔が広く開かれますよね。白内障のように水晶体ににごりがある状態では、光が差し込んでくるような状況になり、昼間よりもまぶしく感じることがあるそうです。夜道を歩いていて、信号や街灯がやけに眩しく感じたら白内障を疑ってみたほうがいいかもしれません。また、目の前に霧がかかったような、ぼやけた視界になる症状もあります。なんとなくピントが合わないので、目が悪くなったように感じるようで、急な視力の低下を感じた場合も一度白内障を疑うことをおすすめします。

白内障の原因

「白内障」は目のレンズの役割を果たしている「水晶体」が濁ってしまう病気ですが、これは水晶体に存在するたんぱく質に何かのきっかけで異常が起こるため。

異常の原因はさまざまで、その最大の原因が加齢です。「加齢性白内障」は分類されている白内障の中で最も多いと言われており、名前の通り年齢を重ねると発症リスクが高まります。

しかし近年ではバランスの乱れた食生活やパソコン・スマートフォンの普及によって目が酷使され、年齢が若くても目の老化が進んで白内障を発症するケースも増えてきています。

その原因はパソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライト、それに日差しにあふれる紫外線によるものです。

ブルーライトや紫外線など高エネルギーで刺激の強い波長の光を直接目で浴びてしまうと、光老化のために白内障がますます進行してしまいます。

そもそもたんぱく質の異常が起こるのも、ブルーライトや紫外線を浴びることで体内に発生する「活性酸素」が大きな原因。

活性酸素の量によっては、早くて30代後半あたりから白内障を発症することもありますし、その逆に活性酸素の量が少なければ80歳を迎えても白内障の手術など必要のないという方もいます。

白内容の予防対策

白内障を防ぐためには、その要因となる活性酸素の発生を抑えるべく生活習慣を見直すことが大切になってきます。

幸い白内障は進行が遅いケースが大半を占めています。

生活習慣の改善などにより手術する時期を先延ばしにできれば、その間に新薬などが開発される可能性もあります。

白内障も手術となると目の負担が大きくなるので、そうなる前に早期発見・予防を心がけましょう。

自分でできる白内障の予防対策を紹介します。

①ブルーライトや紫外線を避ける

ブルーライトはパソコンやスマートフォンの画面から放たれる光に多く含まれています。紫外線に次いで刺激が強く、長時間目がブルーライトを浴びると眼球の中で活性酸素が発生します。

こうしたブルーライトや外出しているときなどに紫外線から目を守るためには、ブルーライトや紫外線をカットするレンズを使った眼鏡やサングラスが効果的。

現在、眼鏡店で作られている眼鏡にはほとんどの場合、ブルーライトや紫外線をカットするレンズが用いられています。

しかし、眼鏡店以外で販売されているファッションアイテムとしての眼鏡では、サングラスであってもUVカット機能がついていないものもあるので注意しましょう。

②運動不足の解消

目は体の中で最も進化した器官で、実は脳以上に多くの血流を必要としています。

そのため目の周りの血の巡りが悪いと細胞の新陳代謝がスムーズにいかなくなり、水晶体の老化が進行してしまいます。

目の周りの血流量を増やすためにも運動不足の解消は大切な要素です。

③糖質や塩分はなるべく控える

糖分を摂取しすぎると血糖値が上昇し体内に悪玉物質が発生してしまいます。この悪玉物質は目の水晶体の濁りを招くと言われています。

また、塩分の摂りすぎにも注意が必要。

塩分を摂取しすぎると水晶体のたんぱく質に異常が起こり、濁りが生じるようになってしまいます。

④緑黄色野菜をたくさん食べる

白内障を予防するためには食生活を見直すことが重要ですが、その際ほうれん草やパセリ、ケールなどの緑黄色野菜を豊富に食べるのがおすすめ。

こうした葉物野菜・緑黄色野菜には「ルテイン」と呼ばれる目に良い成分が豊富に含まれているからです。

⑤禁煙する

水晶体にはもともとビタミンCが数多く存在しています。しかしタバコを吸うと大量の活性酸素が発生することから、、抗酸化物質でもあるビタミンCはその活性酸素を取り除くためにたくさん消費されてしまいます。

喫煙者が白内障を予防したいのであれば、まず禁煙することから始めましょう。

白内障で使われる目薬

日常生活が支障なく送れる程度の視力の低下や水晶体の濁り具合だった場合、そうした白内障の初期段階では点眼薬を用いて治療を行う場合がほとんどです。

白内障では内服薬はほぼ使われておらず、もしも症状が進行して日常生活を普段通り行うことができないようになったら、医師と相談して手術も考えなければなりません。

国内で使用されている白内障の点眼薬は次の通りです。

●ピレノキシン製剤
水晶体内ではアミノ酸が代謝されていますが、この代謝に異常が起こるとアミノ酸から「キノイド物質」と呼ばれるものが生まれます。このキノイド物質が水晶体の中のたんぱく質と結びつくと濁りを生じるようになります。ピレノキシン製剤はこのキノイド物質の成長を抑え、水晶体の濁りを防ぎます。

●グルタチオン製剤
抗酸化物質の1つで、白内障が進むにつれて低下してしまうグルタチオンの量の欠如を補います。水晶体の濁りを抑え、白内障の発症と進行を遅らせる効果があります。

――医師の診断を受けて白内障だと告げられたり、白内障かもしれないと不安を覚えている方の中には、今すぐ手術の必要があるのではと心配する場合もありますが、必ずしもそうとは限りません。

前述した通り、日常生活に支障が出るような程度でなければ白内障の場合すぐに手術することはありません。早期の段階なら点眼薬で進行を遅らせられることができるからです。

ただし、点眼薬での治療では水晶体そのものの濁りを取り除いたり、視力を回復させるといった症状の改善は残念ながら期待できません。点眼薬の治療では、あくまでも白内障の進行を遅らせることに重点が置かれているからです。

白内障は加齢に伴う自己修復機能の低下や、ブルーライトや紫外線など外部からの刺激によって水晶体の中のたんぱく質が変異して起こります。

しかし年齢を経ると自然と加齢は起こり、ブルーライトや紫外線も社会生活を送るためには完全には防げません。白内障を発症するリスクは常に生活の中に潜んでいるのです。

日常生活に支障をきたすほど水晶体の濁りが酷くなったときには、点眼薬での治療をいつまでも続けているわけにはいかないのでいよいよ白内障の手術となります。

ただ、この手術も、症状が重かったり高齢になればなるほど目の手術が与える体への負担も大きくなってしまうため、タイミングが難しい場合もあります。

大切なのは普段から白内障の予防を心掛け、白内障だという診断を受けたら点眼薬をきちんと使用してとにかく進行を遅らせることです。定期的に眼科で検診を行うのも有効です。

白内障のためにはどんなサプリメントを摂ったらいいの?

では、効果のあるサプリメントとは、どのような成分が入ったものでしょうか?

ルテイン&ゼアキサンチン

アメリカで白内障との関係について研究が進んでいるほど、白内障に効果の期待できる成分です。実際、493人の白内障患者のうち半数に、ルテインとゼアキサンチンを多く含むほうれん草を8年間摂取させた結果、摂取したグループは白内障が5割減少したものの、摂取しなかったグループはそのままだったという結果が報告されています。

ヒト体内において,ルテインとその構造異性体のゼアキサンチンは網膜黄斑部や水晶体等に特異的かつ高濃度に局在しており,強い抗酸化作用と細胞損傷を誘発する有害な青色光の吸収作用により加齢黄斑変性症や白内障に対して予防・改善等の特異的な生理機能を有する.

出典:大豆のルテイン分解関連遺伝子の特徴づけおよびカロテノイド代謝改変による大豆の高ルテイン化 北海道大学大学院農学研究院 2009 http://www.fujifoundation.or.jp/report/pdf/030/30_07.pdf

ルテイン&ゼアキサンチンを多く含むほうれん草の摂取で白内障のリスクが下がったということは、それを効果的に摂取するためにつくられたサプリメントであればより高い効果が期待できるということです。それだけ、この2つの成分には白内障への高い効果が詰まっているのです。ルテインとゼアキサンチンの構造や機能はとても似ているのですが、どちらか一方ではなく両方摂取することが欠かせません。ルテインだけの摂取では高い効果が期待できないので、要注意です。

アントシアニン

白内障の水晶体混濁は、タンパクのグリケーションが主要な原因であるが、ブルーペリー・アントシアニンは、このグリケーションを防止する。また、活性酸素も消去する。

出典:ブルーペリーのアントシアニン組成とブルーペリー・ワインの生理的効果 メルシャン酒類研究所 2000 http://asevjpn.wine.yamanashi.ac.jp/JAJ/Vol/Vol-11-2000/2/74.pdf

グリケーションとは「糖化」のことです。糖化は老化を引き起こすとされており、眼球の糖化を防止することによって白内障予防の効果を期待できます。また、抗酸化作用を持っているので、さらなる老化防止効果を発揮するでしょう。ルテインと同時に摂取することで効果がアップするといわれています。視力維持に不可欠であるロドプシンの再合成をサポートするため、高い視力を維持するための効果も期待できます。

ビタミンC

眼球にある房水にはビタミンCが血液中の50倍含まれており、不足することで視力への悪影響や白内障のリスクが高まると考えられています。また、眼球の老化を予防することによって水晶体の透明度を保ち、白内障の予防と進行の阻止が可能です。

ビタミンE

抗酸化作用によって眼球の老化を予防し、眼球への血流を改善することによって目の機能を向上させて白内障の進行を抑えます。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!

ルテインによる改善報告

白内障におすすめのサプリメント

こちらでは白内障におすすめのサプリメントをご紹介します。

ルテインを含むサプリメント

朝のルテイン&プラセンタ

ルテインだけではなく、ゼアキサンチンも2.4mg配合。栄養素の宝庫といわれているプラセンタを6,000mg配合しているので、白内障に効果的なビタミンも同時に摂れます。フレッシュマンゴー風味のゼリーでおやつとしても食べられます。

ドクターズチョイス ルテイン

白内障の予防と改善に欠かせないルテインとゼアキサンチンがセットで配合されています。さらにアントシアニンも含まれているので、ルテインをしっかりと目まで届けてくれます。

琉球サプリ一望百景

紅イモや沖縄モズク、八重山かずらなどの沖縄の食材をしようしたサプリメント。ルテインに加えアントシアニン、フコイダンが含まれています。

オキュバイト+ルテイン

ルテインとビタミンE、C、B2、ミネラル、βカロテンを同時配合したサプリです。ビタミンを配合することで抗酸化作用を高め、白内障への効果も期待できます。

えがおめ・まもーる(旧えがおのルテイン)

ルテインとアントシアニン、鮫肝油の組み合わせでルテインの吸収力をアップさせるというサプリ。ルテインは自然素材から抽出したものを使用。

商品名 価格 容量 ルテイン
配合量
その他の配合成分
朝のルテイン&プラセンタ 500円
モニター価格
5本
(5日分)
40mg プラセンタ、ゼアキサンチン
ドクターズチョイス ルテイン 3,980円※ 60粒
(30日分)
40mg ゼアキサンチン、ビルベリー
琉球サプリ一望百景 1,944円※ 30粒
(30日分)
20mg アントシアニン、フコイダン
オキュバイト+ルテイン 3,024円※ 90粒
(30日分)
6mg βカロテン、ビタミン、ビタミンE、
ビタミンB2、ナイアシン
えがおめ・まもーる 1,728円※ 60粒
(30日分)
15mg アントシアニン

※定期購入割引あり

アントシアニンを含むサプリメント

北の国から届いたブルーベリー

約1,800個分のブルーベリーエキスを配合。天然素材から抽出された老化予防成分が豊富に配合されているため、眼球の老化予防にも効果的です。

速攻ブルーベリー

北欧の野生種ビルベリーのエキスを使用して、ブルーベリー540粒分のアントシアニンを配合しています。

めなり

特許取得ビルベリーでアントシアニンの持続率と吸収率をアップさせたというサプリです。

商品名 価格 容量 アントシアニン
配合量
その他の配合成分
ドクターズチョイス ルテイン 2,160円 30粒
(30日分)
200mg ルテイン、DHA、
EPA、βカロテン
速攻ブルーベリー 1,458円 60粒
(30日分)
180mg クロセチン、βカロテン、
ビタミンB類
めなり 4,298円※ 60粒
(30日分)
170mg ルテイン、ゼアキサンチン

※定期購入割引あり

ビタミンを含むサプリメント

マルチミネラルビタミン

オーガニック野菜を原材料としたサプリメントです。白内障に効果を発揮するビタミンやミネラルをはじめとする26種類の栄養素が含まれています。

商品名 価格 容量 有効成分配合量 その他の配合成分
マルチミネラルビタミン 7,830円 180粒
(60日分)
ビタミンC
500mg
ビタミンE
100mg
ルテイン、DHA、EPA、βカロテン

ルテイン、ビルベリーエキス、βカロテン
それぞれの成分量が一番多いものをピックアップしました!!