続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 目の悩みのすべてとサプリメント » 飛蚊症とサプリメント

飛蚊症とサプリメント

飛蚊症はどんな目の病気なの?

その文字の通り、目の前に常に蚊が飛んでいるような目のトラブルです。気付いたときには飛蚊症になっていたという人も多いため、症状や原因、予防法などを詳しく見ていきましょう。

飛蚊症とは常に目の前に浮遊物が見える病気です。蚊が飛んでいると書きますが、形状は蚊のように小さい点だけでなく、糸状や丸い輪などがあります。色も白の場合もあれば黒の場合もあり、人によっては半透明の場合もあるそうです。目の前が見える明るいときに特にはっきり見え、目をこすったり、違う方向を見ても変わらないため、とても気になる症状です。この症状はストレスや老化によって起こる場合が多く、治療法がないため、医師からも「気にしないで」と言われるだけになってしまいます。しかし、目の前に常に異物が飛んでいる状態ですから、気にせずにはいられないのが飛蚊症です。

飛蚊症の原因と症状

簡単に言えば、飛蚊症の主な原因は活性酸素です。有害な光によって硝子体の中に活性酸素が発生することで組織が酸化し、変質することで起こります。なぜ老化によって起こるかと言えば、若いうちは免疫機能が活発なので、活性酸素が発生しても分解する酵素がたくさん分泌されるので問題ありません。しかし、老化によって酵素の分泌が減ると、活性酸素がどんどん悪さをして、組織を酸化させてしまうのです。人の目のほとんどが硝子体です。この硝子体、名前は固そうですが実はゼリー状。これが眼球内を満たしているのです。硝子体が変質すれば、水の塊が行く場所をなくして硝子体の中で浮遊します。この水の塊の中にある繊維クズが網膜に映り込んで異物が見える状態になってしまうのです。つまりは、活性酸素を発生させない、または組織を酸化から守ることが飛蚊症の予防に欠かせないことになります。

生理的飛蚊症とは

生理的飛蚊症とは、ストレスや加齢、眼精疲労などによって起こる飛蚊症のことで、一般的によくある症状だと言われています。

眼球の中には「硝子隊」と呼ばれるゼリー状の透明な物質が存在しますが、加齢や近視の進行によってこの硝子体は濁りやすくなり、その濁りの塊のような物が網膜に映って飛蚊症が起こります。

特に加齢によって起こりやすいのが「後部硝子体剥離」と呼ばれる症状による飛蚊症です。

「後部硝子体剥離」とは、眼球の中の硝子体が加齢とともに縮み、液状になって、網膜からはがれること。

このはがれた部分が眼球の中を動くことで飛蚊症が起こります。

後部硝子体剥離は50代からが起こりやすく、特に近視の場合は発症リスクが高まります。

ただし、近年はパソコンやスマートフォンによる目の酷使により、20代でも後部硝子体剥離を引き起こすケースも増加してきています。

目の疲れによって近視になることも多いので、年齢が若い場合でも飛蚊症が酷くなることも。

生理的飛蚊症に有効な治療方法は特にはありません。そのためあまり気にせずに、ある程度は慣れも必要になってきます。

多くの場合、特に病気とは無関係なものですが、飛蚊症を放置しておくと眼病を発症するケースもあるので、症状に異変を感じるなどしたら眼科医に相談してみましょう。

後部硝子体剥離そのものも病気というわけではないのですが、ときには「網膜裂孔」や「網膜剥離」という眼病の原因となることもあります。

病的飛蚊症とは

多くの場合、飛蚊症は放置しておいても問題ない症状なのですが、ときには思い病気の前兆である場合もあります。

飛蚊症の中にはこのように「病的飛蚊症」が潜んでいることがあるので、症状に違和感を感じたり、心配な場合は1度眼科で診てもらいましょう。

例えば網膜に亀裂や穴ができてしまう「網膜裂孔」や、網膜がはがれてしまう「網膜剥離」が原因で飛蚊症が起こることもあります。

これらの症状では視界にあるはずのない光が見えるといったことも。痛みを感じないままに病気が進行していき、しだいに視野が狭くなり始め、だんだん視力も落ちていきます。

網膜裂孔や網膜剥離は早期発見し適切な処置をしないと失明する可能性もある危険な病気です。

ほかにも、「硝子体出血」と呼ばれる症状でも飛蚊症が起こるケースがあります。

これは外傷や高血圧を原因として発症し、眼球の硝子体の中に出血が起こって、その影によって飛蚊症が現れるというもの。

出血が多いときには目の前に霧やもやのようなものがかっているように見えることもあります。

眼球内の出血の治療は、軽度である場合は2~3か月程で自然に体に吸収されるの待ちますが、出血が止まらないときや網膜剥離の疑いがあるときにはすぐに手術が行われます。

目の中に炎症が起こり、そのため硝子体が濁ってしまう「ぶどう膜炎」でも飛蚊症は現れます。

ぶどう膜炎では充血のほか、視力の低下や光をまぶしく感じるなどの症状が見られます。

飛蚊症の予防対策方法

老化を主な原因とする「生理的飛蚊症」は、飛蚊症全体の中で最も多くを占めています。

その老化のきっかけを起こすのが光に含まれる紫外線や青色の光にる硝子体へのダメージ。

紫外線を受けると眼球の硝子体の組織では活性酸素が発生し、これによってたんぱく質や脂質が酸化させられます。

酸化したたんぱく質や脂質は硝子体を変質させてしまうため、そこに飛蚊症が生じるというわけです。

年齢が若ければ体内で大量に発生した活性酸素も充分に分泌された酵素によって分解され、飛蚊症も起こりません。

しかし年齢を重ねていくとこうした酵素の分泌量は減少してしまうので、体内の酸化を防ぐことがだんだん難しくなっていくのです。

ただし、現代社会ではパソコンやスマートフォンの普及、食文化の変化などによってたとえ年齢が若くても飛蚊症を発症するケースが増えてきました。

まだ若いから目も大丈夫だとパソコンやスマートフォンの画面を長時間休まず見続けることはおすすめできません。

「生理的飛蚊症」は治療の必要のない場合ほとんどですが、中には「病的飛蚊症」が潜んでいることもあります。

飛蚊症が急に現れたり酷くなるなど違和感のあったときにはまず眼科で医師の診断を仰ぎましょう。

そして飛蚊症の原因となる活性酸素を防ぐためにも、外出時は紫外線に気をつけ、パソコンやスマートフォンの利用時間なども見直すようにします。

その上で活性酸素を防ぐ効果のある、ルテイン、アンシアニン、ビタミンなど抗酸化作用を持つ成分を積極的に摂取し対策しましょう。

飛蚊症に効果的なサプリメントの成分とは?

ルテイン

眼は紫外線による活性酸素のダメージを最も受けやすい器官である、網膜の黄斑にはβ-カロテンは存在しないがキサントフィル類のルテインとゼアキサンチンが存在し網膜を光酸化から護っている

出典:カロテノイドの多様な生理作用 眞岡孝至 生産開発科学研究所 2007 http://www.jsb.gr.jp/fcn/FCN.02_01.pdf

眼は活性酸素によって老化しやすいのですが、ルテインは強い抗酸化力によって老化を予防し、さらに有害な光から眼球を守る働きもあります。飛蚊症にはかなりの効果が期待できるでしょう。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンはルテインと同様、強い抗酸化力を持った脂溶性ビタミンで、ルテインと共に摂取することによってより高い効果を発揮します。

アントシアニン

ビルベリー果実より抽出したエキスは、これまで血小板凝集抑制作用(血流改善作用)、毛細血管保護作用、抗腫瘍作用、抗潰瘍作用が報告されているが、日本では主に眼疾患予防効果や視機能改善作用に対する有用性が期待され、広く目の健康食品素材として用いられている。

出典:ビルベリー由来アントシアニンが目に与える機能性―ヒト臨床試験と機能性表示食品― 岐阜薬科大学薬効解析学研究室 2016 https://gifu-pu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=13033&item_no=1&page_id=13&block_id=51

アントシアニンは血流を改善する働きを持っているため、必要な栄養素を目まで届けてくれる効果があります。ルテインなどの成分と一緒に摂取することによって、効率よく成分を目に届けることができるでしょう。

ビタミンC・E

ビタミンCは高い抗酸化作用を持っているため、活性酸素が原因となる飛蚊症には欠かせない成分です。ビタミンEはアントシアニンと同様、血流を改善する働きもあるといわれています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は高い抗酸化力と保湿力を持っており、活性酸素を減少させる効果が期待できます。ヒアルロン酸は点眼薬や目の手術補助剤としても使用されており、目の健康には欠かせない成分です。

コラーゲン

眼はほとんどコラーゲンからできているといってもよい.眼球を形成している鞏膜,前面の透明な角膜,眼球の大部分の腔間を満たしている水様の透明なゲル状物質のガラス体などは,コラーゲンが主な構成分である

出典:医用高分子材料としてのコラーゲンの新しい利用 宮田 暉夫 日本皮革株式会社研究所 2009 https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/9/6/9_6_375/_pdf

眼球はコラーゲンから作られているので、正常な眼機能を保つためには欠かせない成分だといえるでしょう。人工角膜の材料となるのも、このコラーゲンです。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!

ルテインによる飛蚊症の改善報告

飛蚊症におすすめのサプリメント

こちらでは飛蚊症におすすめのサプリメントをご紹介します。

ルテインを含むサプリメント

朝のルテイン&プラセンタ

飛蚊症の予防と改善には欠かせない抗酸化成分である、ルテインとゼアキサンチンをたっぷりと配合しています。さらにプラセンタも配合されているのでビタミンも摂取することが可能。ゼリータイプなので錠剤が苦手な方でも食べやすくできています。

ドクターズチョイス ルテイン

活性酸素を除去するルテインとゼアキサンチン、そしてそれを目まで届けるアントシアニンが配合されています。

琉球サプリ一望百景

ルテインとアントシアニンが含まれていますが、これは紅イモと八重山かずら抽出されています。さらに沖縄モズクから抽出されたフコイダンが配合されています。

オキュバイト+ルテイン

ルテインに加えて、ビタミンE、C、B2などのビタミンを豊富に配合。高い抗酸化力を誇るサプリメントです。

えがおめ・まもーる(旧えがおのルテイン)

有効成分はルテインとアントシアニンですが、鮫肝油を同時に配合しています。鮫肝油によって有効成分の吸収率を高めているそうです。

商品名 価格 容量 ルテイン
配合量
その他の配合成分
朝のルテイン&プラセンタ 500円
モニター価格
5本
(5日分)
40mg プラセンタ、ゼアキサンチン
ドクターズチョイス ルテイン 3,980円※ 60粒
(30日分)
40mg ゼアキサンチン、ビルベリー
琉球サプリ一望百景 1,944円※ 30粒
(30日分)
20mg アントシアニン、フコイダン
オキュバイト+ルテイン 3,024円※ 90粒
(30日分)
6mg βカロテン、ビタミン、ビタミンE、
ビタミンB2、ナイアシン
えがおめ・まもーる 1,728円※ 60粒
(30日分)
15mg アントシアニン

※定期購入割引あり

アントシアニンを含むサプリメント

北の国から届いたブルーベリー

約1,800個分のブルーベリーエキスを配合。天然素材から抽出された老化予防成分が豊富に配合されているため、眼球の老化予防にも効果的です。

飛蚊症予防・改善に必要な成分であるアントシアニンとルテインの他に、DHA、EPA、βカロテンなどの目の健康を維持するための成分が配合されています。

速攻ブルーベリー

使用されているのは北欧の野生種ビルベリー。そのエキスを使用して、ブルーベリー540個分のアントシアニンを配合しています。

めなり

特許を取得した特別なビルベリーで、体内へのアントシアニン吸収率を高め、体内での持続率をアップさせたサプリです。

商品名 価格 容量 アントシアニン
配合量
その他の配合成分
北の国から届いたブルーベリー 2,160円 30粒
(30日分)
200mg ルテイン、DHA、EPA、βカロテン
速攻ブルーベリー 1,458円 60粒
(30日分)
180mg クロセチン、βカロテン、
ビタミンB類
めなり 4,298円※ 60粒
(30日分)
170mg ルテイン、ゼアキサンチン

※定期購入割引あり

ビタミンを含むサプリメント

マルチミネラルビタミン

各種ビタミンとマグネシウム、カルシウム、亜鉛などの目に必要な成分が種類豊富に配合されています。高い抗酸化作用を期待することができるでしょう。

商品名 価格 容量 ビタミン
配合量
その他の配合成分
マルチミネラルビタミン 7,830円 180粒
(60日分)
βカロテン
12.6mg
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群
、マグネシウム、カルシウム

ルテイン、ビルベリーエキス、βカロテン
それぞれの成分量が一番多いものをピックアップしました!!