続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 目の悩みのすべてとサプリメント » その他の眼病

その他の眼病

眼病は非常にたくさんの種類があり、その原因や症状もさまざまです。いくつかその他の眼病についてご紹介しますが、なかでも特に危険性が高いのが網膜神経障害でしょう。糖尿病網膜症は成人の日本人が失明する原因の1位だといわれているのです。

その他の眼病について

こちらでは発症する危険性が高い眼病とその症状をいくつかご紹介していきます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症として引き起こされる眼病です。初期は自覚症状がほとんどありませんが。進行すると目のかすみなどを感じるようになってきます。その後視力は低下していき、飛蚊症や緑内障、網膜剥離などを引き起こす原因となる眼病です。失明する可能性も高いので、危険性はかなり高いといえるでしょう。

網膜剥離

網膜とは眼球の内部を覆っている薄い膜で、視界に入った映像を認識して、その映像を信号に変換して脳に伝える役割を持つ部分です。網膜剥離はその網膜が眼球の内部で剥がれてしまう眼病のことです。網膜剥離を起こす前には飛蚊症や光視症になることが多く、症状が進行すると、視界の一部分が見えなくなったり、視力が低下することもあります。

視神経症

視神経症とは、視界の映像を脳に伝えるための視神経に障害が起きてしまう病気です。その原因によって主に10個に分けられますが、そのなかでも発症例が多いものは、特発性視神経炎と虚血性視神経症の2つです。症状としては目を動かすと痛みや圧迫感がある、突然視力が低下する、視野の中央部分のみ見えなくなるといったものがあります。

これらの眼病の原因とは?

これらの症状の原因は一体なんなのでしょうか。さまざまな要素が絡み合っていて、原因不明の場合もありますが、代表的な原因についてご紹介していきます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症の原因は糖尿病です。糖尿病網膜症が糖尿病によって引き起こされる確率はかなり高く、合併症としてはトップ3に入るほど頻繁に発症します。具体的な発症の原因は、血糖値が高くなることで網膜の血管に異常が生じることだと考えられています。血管に異常が生じるとは、スムーズに血液を運ぶために新しい血管がたくさんできるのですが、新しい血管はまだ弱いので、出血しやすい状態となることです。新しい血管がたくさんできることで出血が増え、できたかさぶたによって網膜剥離が起こるのです。

網膜剥離

網膜剥離は上記の糖尿病網膜症からも発症します。その他に網膜に孔が空くことによって眼球内の水が網膜の下に染み出ることで発生する裂孔原性網膜剥離、滲出液が溢れてしまうことが原因で引き起こる滲出性網膜剥離です。網膜に孔が空く原因としては、老化や外傷によるところも大きく、加齢黄斑変性などによって網膜が委縮することも原因のひとつです。

視神経症

最も発症例が多い特発性視神経炎は原因不明の視神経症につけられる病名で、原因はわかっていません。二番目に発症例の多い虚血性視神経症は、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病から発症することもあり、心疾患や血液疾患も原因となっています。眼球内の血管の流れに異常が起きることで発症します。

眼病の予防と改善に効果的な方法とは?

これらの眼病を予防する方法として、糖尿病の原因となるような生活習慣の改善、食生活の改善などが挙げられます。また、目の老化によって眼病が引き起こされることも多いのです。目を若々しく保つため、次のような成分が含まれたサプリメントなどもおすすめです。

ルテイン

抗酸化作用があるので、網膜剥離など老化が原因の眼病に効果的です。

ゼアキサンチン

こちらも抗酸化作用があります。生活習慣病を予防する効果もあるので、糖尿病が原因の眼病にも効果的です。

アントシアニン

抗酸化作用があり、生活習慣病の予防、メタボリックシンドロームの予防にも効果的です。

アスタキサンチン

抗酸化作用があるので、老化による眼病を予防してくれます。

DHA

網膜を健康に保つ働きがあるため、網膜剥離への予防効果が期待できます。

ビタミンB群

網膜や視神経の働きを良くする効果があるといわれています。

ビタミンA

抗酸化作用によって、目の老化を予防します。