続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメントおすすめ成分別比較 » 目の悩みのすべてとサプリメント » 視力と老眼とサプリメント

視力と老眼とサプリメント

視力に関わるさまざまな悩み一覧

目の悩みで一番多いのが、視力の悩みではないでしょうか。たとえば、近視、乱視、遠視など。そして、高齢の人に多い悩みが老眼ですよね。こういった「見え方」への悩みは非常に多くの方が抱えているので、それぞれ一体どういう症状で原因はなんなのか、説明していきたいと思います。

老眼とは

どんな症状?

加齢による目の調節力低下によって、近くのものにピントが合いづらくなる症状を言います。近くを見るためには、水晶体が膨らんでピントを合わせる必要がありますが、加齢とともに水晶体の弾力も落ちますので膨らみが悪くなり、ピントが合わなくなるわけです。老眼と言えばおばあちゃんがなるイメージがあるかもしれませんが、実は35歳を超えると調節力は低下し始め、45歳あたりでは自覚が出てきます。近くが見えづらくなったり、小さい文字を読む時にちょっと離さないと見えづらい場合は老眼が始まっている合図です。

老眼になる原因

人間の目には「水晶体」と呼ばれるカメラで言えばレンズに当たる組織が存在しています。

物を見るときにはこの水晶体の厚みを変えることでピントを合わせ、目的のものをはっきりと目に映すことができます。

しかし年齢を重ねると水晶体そのものや、水晶体を調節しピントを合わせる筋肉である「毛様体筋」の柔軟性がしだいに失われていきます。

すると水晶体の厚さを変えるのがだんだん難しくなり、特に近くの物を見づらくなって老眼が起こるのです。

水晶体や毛様体筋が硬くなってピントが合いづらくなるのは加齢によって自然に起こるものなので、それを避けるというのはなかなか簡単なことではなく、ある程度は受け入れなくてはなりません。

ただし、加齢の程度には個人差があり、比較的に若いうちから老眼が訪れる人もいれば、そうでない人もいるのも事実です。

目の老化が進む原因として考えられるものの1つに血行不良があります。

人間の体の中でも発達している器官である目は、多くの血流を必要とします。

しかし目の周りの血行などが悪くなると、眼球の組織に充分酸素や栄養素が行き渡らなくなり、目の老化を早めてしまうこととなります。

同じように細胞を老化させる活性酵素もやっかいな存在です。

活性酸素が体内に大量に発生すると、眼球の組織も傷つけられ酸化によるダメージで老化が進んでしまいます。

活性酸素は喫煙習慣や睡眠不足、それに紫外線などによって増加することがわかっているので、ルテインなど抗酸化作用のある成分を積極的に摂り入れるなどして対策しましょう。

老眼は60~65歳で少しずつ治まり、70歳前後になるとほとんど進行が止まってしまうとも言われています。

そのため老眼は60代になる前にきちんと予防対策をしておくことが重要になります。

スマホ老眼について

「まだ若いし老眼にならないから大丈夫!」なんて思っている20代30代の皆さん、「スマホ老眼」という言葉をご存知ですか?

これは最近テレビやメディアでも話題になってきている言葉で老眼のような症状のことを指します。

まだ20代30代のスマホを特によく使っている世代の人に多く見られ、まさに老眼のように近くの物を見ようとしてもピントが合わなかったり、スマートフォンや本の文字が見づらいといった現象が現れます。

老眼は年齢を重ねることによって水晶体や毛様体筋から柔軟性が失われ、ピントの調節能力が低下することで起こります。

一般的にその初期症状が見られるようになるのは40代半ばがピーク。

その一方で医学用語で「調節緊張」と呼ばれる「スマホ老眼」では、目から近いところにあるスマートフォンを長時間見続けることにより、一時的に老眼のような症状が現れてしまいます。

代表的な症状としては、長い時間スマートフォンの画面を見続けることにより水晶体のピントが近距離に固定され、もとに戻りにくくなるといったもの。

そのためスマートフォンの画面からほかの場所へと視線を移すと、一瞬遠くの景色がぼやけてしまったり、見づらいと感じるようになります。

「スマホ老眼」が進行すると、最終的には水晶体のピント調節そのものができなくなり、ついには近くの物までぼやけたり見えづらくなるといった症状に陥ります。

「スマホ老眼」の大半は一時的なものですが、酷い場合には症状が重くなり、本当の加齢性の老眼になる時期が早まることもあります。

スマートフォンは室内だけでなく外出しているときでも手軽に使えて、つい長時間使いすぎてしまうもの。

パソコンよりも画面が小さく、かなり近距離で見続けることになるため、目の負担も増してしまいます。

目の健康のためにもスマートフォンを使いすぎないように気をつけましょう。

老眼対策改善方法

老眼の予防対策に有効な方法を紹介します。

老眼の予防対策:食事

老眼が起こるのは、つまりは目の老化のため。

そこで目の老化=酸化を防ぐ目的で、抗酸化作用の高い成分を多く含む食品を摂取し、老眼を予防します。

目に良い、抗酸化作用の高い成分は次の通り。

老眼の予防対策:目のストレッチ

目のストレッチをすることで眼球の筋肉がほぐれたり、鍛えられたりして老がの予防になります。

①目の遠近体操

目の遠近体操は普段コンタクトレンズや眼鏡を使っている人は装着したまま行います。

できれば外か、そうでなければ窓辺で行いましょう。

まず片手を伸ばし、目から20~30cm程の距離のところで親指を立てたら両目でその爪を見つめます。

しばらくし、次に立てた親指の向こう側の物を見ます。このとき、なるべく遠くにある建物などを目標にしてください。

こうして近く親指と遠くの目標物を交互に見比べ、それを30回ほど繰り返します。

この30回を1セットと数え、1日4セット以上行うようにしましょう。

目の遠近体操によって水晶体のピントを調整する「毛様体筋」という筋肉が柔軟になります。

②目の筋肉体操

眼球の外側には「外眼筋」と呼ばれる目の向きを変える筋肉が存在しています。

この筋肉を鍛えると眼球がスムーズに動くようになり、目のピントも合いやすくなります。

やり方は簡単。

まず目をしっかりと閉じ、しばらくしてから目を開けたら、顔を動すことなく目だけで上のほうを10秒見つめます。

次にまた目をしっかりと閉じ、今度は同じようにしては下を見つめます。

今度は同じく右、それから左。

この上下左右の目の運動が終わったら、最後に指で∞の文字を宙に描き、それを目で追います。

かなり目が疲れたとしたら、それは普段それだけ外眼筋を使っていないという証拠です。

ルテインによる老眼の改善報告

お客さんに勧められてルテインを摂取(女性・52歳)

若いときはすごく目も良くて視力も両方の目が1.5ありました。若いときに視力がいい人ほど早く老眼になる……とは聞いていたんですが、40歳を迎えたあたりから小さな字が見えにくくなってました。

ある朝、新聞を読んでいたときに、いつの間にか自分が首を後ろにそらし、文字と距離を取っていたことに気づいたんです。普通だったら小さい字を読むときは目を近づけるはずなのに、もしかしたら老眼が始まったのかもしれないとその頃に初めて思いました。

そのあと、子供が手にトゲを刺してしまったときにピンセットでトゲを抜こうとしても上手く焦点が合わせられなかったり、買い物のときにクレジットカードを使ってサインしようとしたときもピントが合わず名前が書きにくいといった状態がありました。

最初のうちはそんなに生活に支障はなかったのですが、48歳ぐらいになったら急に老眼が進んでしまったんです。仕事をしていても顧客データの書いてあるノートの文字すら読めなくなってすごく困りました。

普段の生活においても新聞や小説の字をスムーズに読めなくなったため大好きだった読書もやめて、ちょっとした裁縫のとき針に糸を通すことさえできなくなりました。

自分が老眼鏡するなんてとてもいやだったんですが、このままでは通常の生活ができなくなると思って仕方なく老眼鏡も買いました。

でもそれまでずっと何十年と眼鏡のない生活をしてきたためかなかなか眼鏡に慣れることができなくて……。

特に、私はあまり鼻が高くないせいでしょうか。眼鏡を上手くかけることができないのです。鼻の上で眼鏡を上手に支えられなくて、すぐにずり下がってくるのが気になり、30分装着しただけで頭痛がしてきます。

眼鏡は使いにくいけれど年齢も年齢だからもう老眼はしょうがないと諦めかけていたとき、仕事のお客さんからルテインのことを教えてもらいました。

お客さんとの会話の中で健康の話題になって、色々なサプリメントを勧めてくださったんです。その中でもルテインは本当に目に良さそうに思えました。

しかもそのお客さん自体も老眼で、ルテインを飲むようになってから改善されたそうなんです。そう聞いて興味が湧いたので、私もさっそく試してみることにしました。

購入したルテインは毎朝仕事に出かける前に5粒ずつ飲みました。

飲み始めて半月程経った頃でしょうか。ふと、新聞の活字がいつもよりもはっきりと認識できることに気づいたんです。でも、そのときはきっと気のせいだろうと思ってやり過ごしました。でも翌朝もやっぱり新聞の字がいつもよりスムーズに読めるのです。

その時点で老眼が良くなってきているんではないかと初めて思いました。その日はずっとウキウキ、久しぶりに晴れやかな気持ちでした。

そのあとからもちょっとずつ老眼は回復してきて、ルテインを愛飲しだしてから2か月を過ぎた頃には顧客データもちゃんと読めるし、新しいデータの入力のときにも老眼鏡をかけずに済むようになりました。

大好きだった読書も夜寝る前にまた楽しめるようになったし、裁縫の際には針穴に糸も楽に通せます。

老眼鏡もそれっきり1度も使わずにいます。

妹の老眼が改善された(女性・年齢不詳)

5つ年下の妹が老眼になりました。私の場合は老眼になるのは遅かったんですが、55歳を迎えてからはとうとう老眼鏡のお世話になるようになりました。

ところが妹のほうがルテインのサプリメントを飲むようになってから老眼が解消されて、眼鏡もしなくなったんです。そのことを教えてもらってから私も同じようにルテインを摂り始め、今では妹同様に老眼鏡を使わなくても普通に生活できるようになりました。

老眼に効果のあるサプリメントの成分とは?

ルテイン

抗酸化作用が強力で、目の老化を食い止めてくれるため、老眼には積極的に摂っていきたい成分です(加齢とともに体内のルテイン量も減っていくため)。

アントシアニン

ルテインと同様抗酸化作用が強く、疲れ目やぼやける状態に効果的です。ルテインと一緒に摂取することで高い効果が期待できますので、どちらかではなく両方摂ることを意識しましょう。

ビタミンA

活性酸素の働きを抑制してくれるため、酸化から守り、老化を防げます。

DHA

網膜の血流改善に効果があり、血行が良くなるために栄養がきちんと届き、目の健康維持に欠かせません。

アスタキサンチン

抗酸化作用により、目の老化を防ぎます。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!

老眼

ルテイン

体内で黄斑部や水晶体に多く存在している物質で、強力な抗酸化作用によって眼球細胞の老化を予防します。加齢と共に体内のルテイン量は減少していくといわれています。

アントシアニン

視力を維持するためのロドプシンという物質の再合成をサポートしします。強い抗酸化作用を持ち、ルテインと同時に摂取することでより効果を発揮するといわれています。

ビタミンA

ルテインやアントシアニンと同じカロテノイドという脂溶性ビタミンで、抗酸化作用により体内の活性酸素を除去し、眼球の老化を予防します。

DHA

ヒトにおいては,満期出産ではない超低体重児に対して,母乳,あるいはn-3系列脂肪酸含量の異なる各種人工乳を与えて網膜電図を測定すると,n-3欠乏人工乳では網膜機能の低下がみられた。

出典:網膜機能におけるドコサヘキサエン酸(DHA)の役割 小林哲幸 お茶の水女子大学理学部生物学科 2006 https://www.jstage.jst.go.jp/article/oleoscience/6/2/6_77/_pdf

DHAをはじめとするn-3脂肪酸が足りていない低体重児は網膜機能が低下した、という研究結果が報告されています。DHAは網膜の血流改善に効果があるといわれているので、網膜の健康には欠かせない成分です。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは強力な抗酸化作用をもっているため、ルテインやゼアキサンチンと同じように目の老化を予防する効果が期待できます。

視力と老眼におすすめのサプリメント

こちらでは視力と老眼におすすめのサプリメントをご紹介します。

ルテインを含むサプリメント

朝のルテイン&プラセンタ

目の老化を予防してくれるルテインとゼアキサンチンを配合。プラセンタも6,000mg入っていて、他の栄養素も摂取できます。フレッシュマンゴー風味のゼリーでおやつとしても食べられます。

ドクターズチョイス ルテイン

ルテインとゼアキサンチンで強力な抗酸化作用を発揮しています。アントシアニンも入っているので疲れやすい目を労わってくれるでしょう。

琉球サプリ一望百景

紅イモや沖縄モズク、八重山かずらなどの沖縄の食材を使用して、目に良い成分を配合しています。ルテイン、アントシアニン、フコイダンが含まれています。

オキュバイト+ルテイン

ルテインの他に目の健康には欠かせないビタミンE、C、B2、βカロテンを配合しています。抗酸化作用で目を若々しく保てる組み合わせです。

えがおめ・まもーる(旧えがおのルテイン)

ルテインとアントシアニンで活性酸素から目を保護します。ルテインは自然素材から抽出しているので安心して飲むことができるでしょう

商品名 価格 容量 ルテイン
配合量
その他の配合成分
朝のルテイン&プラセンタ 500円
モニター価格
5本
(5日分)
40mg プラセンタ、ゼアキサンチン
ドクターズチョイス ルテイン 3,980円※ 60粒
(30日分)
40mg ゼアキサンチン、ビルベリー
琉球サプリ一望百景 1,944円※ 30粒
(30日分)
20mg アントシアニン、フコイダン
オキュバイト+ルテイン 3,024円※ 90粒
(30日分)
6mg βカロテン、ビタミン、ビタミンE、
ビタミンB2、ナイアシン
えがおめ・まもーる 1,728円※ 60粒
(30日分)
15mg アントシアニン

※定期購入割引あり

アントシアニンを含むサプリメント

北の国から届いたブルーベリー

ブルーベリーエキスを約1,800個分配合。その他ルテインやDHA、EPAも含まれていて、視力を維持する強力な働きが期待できます。

速攻ブルーベリー

ブルーベリー540粒分のアントシアニンを配合。北欧の野生種ビルベリーのエキスを使用しています。

めなり

アメリカで特許を取得したというビルベリーを使用しています。このブルーベリーの特殊性は、体内での吸収率と持続率を高めることです。

商品名 価格 容量 アントシアニン
配合量
その他の配合成分
北の国から届いたブルーベリー 2,160円 30粒
(30日分)
200mg ルテイン、DHA、
EPA、βカロテン
速攻ブルーベリー 1,458円 60粒
(30日分)
180mg クロセチン、βカロテン、
ビタミンB類
めなり 4,298円※ 60粒
(30日分)
170mg ルテイン、ゼアキサンチン

※定期購入割引あり

ビタミンを含むサプリメント

マルチミネラルビタミン

視力回復と活性酸素除去には欠かせないビタミンがたっぷり配合されています。ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB、βカロテンを配合し、さまざまな視力の問題に効果が期待できます。

マルチカロチン

乱視や老眼に効果が期待できるβカロテン、αカロテン、ルテインが入っています。さらにゼアキサンチン配合で抗酸化作用を高めているサプリです。

商品名 価格 容量 有効成分
配合量
その他の配合成分
マルチミネラルビタミン 7,830円 180粒
(60日分)
βカロテン
12.6mg
ビタミンC
500mg
ビタミンB群
合計162.5mg
ビタミンE、マグネシウム、
カルシウム
マルチカロチン 936円 30粒
(30日分)
αカロテン
1.5mg
βカロテン
7.9mg
ルテイン、ゼアキサンチン

ルテイン、ビルベリーエキス、βカロテン
それぞれの成分量が一番多いものをピックアップしました!!