続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメントおすすめ成分別比較 » 目の悩みのすべてとサプリメント » 緑内障とサプリメント

緑内障とサプリメント

緑内障とは?

緑内障とは視野が小さくなったり狭くなったりする病気で、放置しておくと失明する可能性のある危険な病気です。

緑内障がやっかいなのは進行がとてもゆっくりとしていて、見える範囲が少しずつ狭まっていくため病気の発見が遅れてしまうことです。

人は両方の目で物を見ているのに対し、緑内障はほとんどの場合片目だけが病気になるため自覚症状が現れるまでに時間がかかってしまうというのも早期発見しにくい点です。

特に緑内障に注意が必要なのは中高年になってから。

緑内障の症状がないときでも、定期的に眼科で緑内障の検査を受けることが早期発見につながります。

緑内障の原因

緑内障を発症する主な原因は眼圧の高さによるもの。

眼圧とは眼球の中にある眼内液(リンパ液の一種)の圧力のことで、目の硬さもこれによって決まります。

目の中では「房水」と呼ばれる水が作られていて、同量の水が目から流れていくことで眼圧は一定に保たれています。

しかし、その房水の生産量が過剰に増てしまったり、流れ出る水の量が低下してしまうと眼圧は上がっていきます。

眼圧が高くなりすぎると視神経が傷つけられ、視野に障害が現れるのです。

こうした緑内障はさらに細かく種類が分類されているので見てみましょう。

緑内障の種類

●原発開放隅角緑内障
「原発開放隅角緑内障」は眼球を満たす房水の出口にあたる「線維柱帯」が少しずつ詰まってしまい、眼圧が上がることによって生じます。進行はゆっくりとしており、慢性的なものです。

●正常眼圧緑内障
「開放隅角緑内障」の一種ではありますが、眼圧が正常値であるにも関わらず緑内障を発症することを「正常眼圧緑内障」と呼びます。

最近実施された全国を対象とした調査では、緑内障を患っている患者のおよそ70%がこの正常眼圧緑内障であることがわかりました。

アメリカやヨーロッパと比較し日本に患者が多いのが特徴で、正常値の眼圧で発症することから、もともとその人の視神経が弱いというケースもあると考えられます。

●原発閉塞隅角緑内障
「原発閉塞隅角緑内障」は、目に存在する「隅角」という部分が狭まることで起こる緑内障です。

隅角は線維柱帯を含む房水の流出する場所。

この隅角が狭まり、最終的に線維柱帯がふさがれてしまうと房水が流れ出さなくなって眼圧が上がっていきます。

さらにこの原発閉塞隅角緑内障は慢性型と急性型とに分かれています。

●発達緑内障
「発達緑内障」は生まれつき眼球内の水の流れ道が未発達であるために発症する緑内障です。

●続発緑内障
「続発緑内障」は目の傷や角膜の異常、眼球の炎症や網膜剥離など、外傷や眼病などがもとで眼圧が上昇してしまう症状を言います。

緑内障っていったいどんな病気なの?

緑内障は失明のリスクが高い病気らしい…そんな知識はあるものの、実際どのような原因でどんな症状が起こるのかは詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。しかし、予防するためにはまずは緑内障のことをよく知る必要があります。ここでぜひ病気の詳細を知るとともに今後の対策も覚えておいてください。

緑内障という名前はよく耳にするかもしれませんが、案外他人事に感じている人も少なくないはずです。でも、緑内障は40歳を過ぎれば20人に1人がかかると言われているくらい誰の身にも降りかかる危険性のある病気なのです。しかも、自覚症状がとても少ないため、緑内障を患っている人のほとんどが気付いていない状況だと言われています。もしかしたら自分もすでに…と思うと怖いですよね。では、緑内障とはどのような症状が起こる病気なのでしょうか?

眼球の中には、房水と呼ばれる液体が入っています。この液体を一定の圧力(眼圧)で循環させることで眼球の丸い形は保っています。原因はさまざまですが、房水が多くなると眼圧が上がるため視神経が圧迫され、障害が起こってしまうのです。この障害が原因で信号が脳に伝わらず、視力や視野に障害が発生してしまうというのが緑内障という病気です。見え方に異常が起こると言いましたが、初期は視野の一部が欠けているように見えなくなることがあります。しかし、片目のほんの一部が見えなくなったとしても、反対の目がそれを補ってくれるため、自分では見え方にそれほど異変は感じません。そのため、緑内障はなかなか気づきづらいのです。しかし、眼圧が高い状態が続き視神経が圧迫され続け、最終的に損傷してしまうと、残念ながら元に戻す方法はありません。だからこそ、緑内障は失明のリスクの高い病気であり、早期発見や予防をすることが推奨されているのです。慢性緑内障の場合…頭が重く感じるうえに目の疲れも感じやすく、視界がかすむことがあります。急性緑内障の場合…急激に眼圧が上昇することで、頭痛や吐き気をはじめとして、目が痛い、見づらい、充血するなどの症状がでます。

緑内障の予防対策

緑内障の原因は眼圧の上昇により視神経がダメージを受けてしまうため。

目の周囲の静脈の流れが滞ってしまうと、房水の排出が上手くいかなくて眼球内にどんどんたまり、眼圧を上げてしまいます。

目の周囲の血流を良くし、眼球内の房水がスムーズに流れ出るようにすることが大切です。

●スマートフォンや本は水平に持つ

緑内障を防ぐためにも、スマホを見たり本を読むときにはなるべく顔と水平の位置に来るようにして持ちましょう。

うつむくと頭部への血の巡りが悪くなり、目の周りの血の流れも滞りがちになって房水の排出がスムーズにいかなくなります。

●睡眠時無呼吸症候群の解消

睡眠時無呼吸症候群の人は緑内障のリスクが10倍高まります。

よくいびきをかくようなら睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので注意しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の人は肥満体であることが多いので、まずは体重を減らすことから始めましょう。

●タバコをやめる

喫煙習慣は血の流れを悪くし、タバコによって発生する活性酸素は目の組織にダメージを与えます。

タバコを吸う人は緑内障のリスクが2.8倍高くなるとの海外の調査結果もあるほどです。

緑内障が気になる人でタバコを吸っている人は禁煙を心がけましょう。

ルテインによる緑内障の改善報告

緑内障に効果のあるサプリメントの成分とは?

では、緑内障予防にどのようなサプリメントが効果的なのでしょうか?

ルテイン

高い抗酸化力によって、網膜や視神経をダメージから守り、代謝を促して組織を若返らせる効果が期待できるため、緑内障にはぴったりです。実際、緑内障が進んで光も感じなかった60代の女性がルテインを飲んで2週間ほど経ったときに明るさを感じるようになり、2ヶ月後にはかすかに見えるようになったという報告があります。ほかにも、1年半ほどクリニックに通っても治らなかった50代の女性の眼圧が、ルテインを飲んで1ヶ月ほどで正常眼圧に回復した例もあります。

次のように、ルテインは老化しやすい網膜や視神経をダメージから守るという働きがあるため、緑内障の予防や進行阻止には最適でしょう。

眼は紫外線による活性酸素のダメージを最も受けやすい器官である、網膜の黄斑にはβ-カロテンは存在しないがキサントフィル類のルテインとゼアキサンチンが存在し網膜を光酸化から護っている。

出典:カロテノイドの多様な生理作用 眞岡孝至 生産開発科学研究所 2007 http://www.jsb.gr.jp/fcn/FCN.02_01.pdf

実例では、緑内障が進行して失明寸前だった60代の女性が、2週間ルテインを摂取したところ光を感じるようになり、2か月後に視力を取り戻したという例があります。また、病院に通っても治らなかった眼圧が、ルテインによって正常値に戻ったという話もあります。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンもルテインの引用文にあるように、ルテインと同様の働きをします。ルテインと同時に摂取することによって、さらに高い効果が発揮されるといわれています。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは,細

胞レベルで脂質過酸化を阻害して細胞膜および細胞内ミトコンドリア膜を保護すると言われ,細胞膜および中枢神経系に対する大きな効果が期待される.また,アスタキサンチンは血液脳関門および血液網膜関門を通過するので眼および脳に対しても有効であると考えられる,このことは緑内障やパーキンソン氏病などの神経変性疾患に有効である可能性を意味する.

出典:アスタキサンチン-先鋭的な新規抗酸化物質 ウッドヴィンセント 富士化学工業株式会社 2008 https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/77/11/77_11_1142/_pdf

アスタキサンチンはビタミンEの1,000倍の抗酸化作用を持ち、眼球を守ると言いわれています。さらに細胞膜を保護する働きによって、緑内障に対しても効果を発揮するのではないかと考えられています。

ビタミン群

ビタミンには抗酸化作用があり、目の老化を予防してくれますが、さらにビタミンB6とC、Eには眼圧を下げる効果があるといわれています。正常眼圧の緑内障の方と眼病のない方の血中ビタミンC量を調べたところ、緑内障の方はビタミンC量が少ないという報告があります。この事から、ビタミンCは眼圧を下げるだけではなく、緑内障に対しての予防効果があるとも考えられるのです。

(参考:ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ「正常眼圧緑内障患者はビタミンC不足?」 http://blog.livedoor.jp/eyedoctor/archives/51350357.html

緑内障におすすめのサプリメント

こちらでは緑内障におすすめのサプリメントをご紹介します。

ルテインを含むサプリメント

朝のルテイン&プラセンタ

豊富なルテインとプラセンタを6,000mg、ゼアキサンチンも2.4mg配合しており、目を健康にする栄養素をたっぷりと摂取できます。フレッシュマンゴー風味のゼリーで毎日飽きずに食べることができます。

ドクターズチョイス ルテイン

ルテインと同様の働きを期待できるゼアキサンチンを配合。さらにアントシアニンを多く含むビルベリーも配合されているため、視力の維持にも効果的です。

琉球サプリ一望百景

アントシアニンを多く含む紅イモ、ルテインを含む沖縄モズク、フコイダンを含む八重山かずらなどの、沖縄の食材を使用したサプリメントです。

オキュバイト+ルテイン

ルテインとビタミンE、C、B2、ミネラル、βカロテンを同時配合したサプリで、ビタミンによる眼圧を下げる働きによって、緑内障にも効果を期待できます。

えがおめ・まもーる(旧えがおのルテイン)

ルテインとアントシアニン、鮫肝油という珍しい組み合わせのサプリ。この組み合わせによってルテインの吸収率がアップするそうです。

商品名 価格 容量 ルテイン
配合量
その他の配合成分
朝のルテイン&プラセンタ 500円
モニター価格
5本
(5日分)
40mg プラセンタ、ゼアキサンチン
ドクターズチョイス ルテイン 3,980円※ 60粒
(30日分)
40mg ゼアキサンチン、ビルベリー
琉球サプリ一望百景 1,944円※ 30粒
(30日分)
20mg アントシアニン、フコイダン
オキュバイト+ルテイン 3,024円※ 90粒
(30日分)
6mg βカロテン、ビタミン、ビタミンE、
ビタミンB2、ナイアシン
えがおめ・まもーる 1,728円※ 60粒
(30日分)
15mg アントシアニン

※定期購入割引あり

ビタミンを含むサプリメント

マルチミネラルビタミン

無農薬で作られた野菜を原材料としていて、ビタミンやミネラルをはじめとする26種類の栄養素が凝縮されています。無農薬の自然植物を使用しているので、安全性も折り紙付きです。

商品名 価格 容量 ビタミン
配合量
その他の配合成分
マルチミネラルビタミン 7,830円 180粒
(60日分)
ビタミンC
500mg

ビタミンE
100mg

ビタミンB6
25mg
βカロテン、ビタミンB群、
マグネシウム、カルシウム

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!

ルテイン、ビルベリーエキス、βカロテン
それぞれの成分量が一番多いものをピックアップしました!!