続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 目にいいと言われているサプリメント成分を全調査 » βカロテン・ビタミン群を含むサプリメント

βカロテン・ビタミン群を含むサプリメント

あまり目と関係ないように感じるβカロテンやビタミン群。実は目の健康に欠かせない成分です。一体どのような働きがあるのでしょうか。

βカロテンの目への影響とは?

βカロテンはご存知かと思いますが、ニンジンを代表とする緑黄色野菜に多く含まれるビタミンの一種です。βカロテンは、目の粘膜や網膜の健康には欠かせないと言われており、ドライアイや疲れ目の予防には必須だと考えられています。また、βカロテンは腸で吸収されるとビタミンAへ変換されるのですが、このビタミンAも目にとても深い関わりがあります。見えるという現象に欠かせないのがロドプシンという物質で、この合成にビタミンAは深い関わりを持っているため、ビタミンAが体内で不足すると夜盲症といった暗部での視力の低下の原因となりうるのです。

βカロテンと黄斑変性症の関係

さらにβカロテンは、強い抗酸化作用を持っているため、黄斑変性症に効果があるとも言われています。βカロテンは、1日1,800㎍ほど摂取するのが理想とも言われていますが、実際のところまだはっきりとは適切摂取量がわかっていないのが現状です。人参やブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、ピーマン、にらなどに豊富に含まれているため、緑黄色野菜を毎日たくさん摂取するのを心掛けるか、楽にサプリメントを利用するか、自分の生活パターンに合った方法を見つけてはいかがでしょうか。

どんなビタミンが目の健康に役立つの?

ビタミン群は、目に欠かせないほどいろいろな働きをしてくれます。種類別に紹介していきます。

ビタミンA

上記でも説明しましたが、ロドプシンに深い関わりがあったり、角膜や網膜を正常に保ってくれたり、涙の量を一定に保ってくれるため、ドライアイや疲れ目、鳥目などに効果的です。緑黄色野菜をはじめとして、うなぎやレバーにも多く含まれます。

ビタミンB群

ビタミンC

疲れ目だけでなく、白内障の予防に効果的です。赤ピーマンやゆず、レモン、ピーマン、いちご、ブロッコリーなどに豊富に含まれます。

ビタミンE

血流改善効果が高いため、疲れ目を解消してくれます。豊富に含まれているのは、アーモンドやうなぎなどです。

βカロテンやビタミン群は、意外とさまざまな食品に豊富に含まれているのですが、このすべてを網羅して摂取するのは案外大変。サプリメントをうまく利用して、無理なく目の健康を維持しましょう。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!