続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 目にいいと言われているサプリメント成分を全調査 » 目にいいその他成分を含むサプリメント

目にいいその他成分を含むサプリメント

目にいいその他の成分とは?

目にいい成分として、有名どころは他ページで詳しく紹介しましたが、まだまだ目の健康のために摂取したい成分はたくさんありますので、ここで紹介したいと思います。

DHA

DHA(ドコサヘキサエン酸)はオメガ3脂肪酸の一種で、目の網膜に含まれる脂肪酸のうち4割ほどを占めています。そのため、不足すると視力障害が起きるなどの悪影響が引き起こされます。DHAは、未熟児に与えると未熟児網膜症のリスクが減ると言われているくらい目との関係が深い成分で、網膜を正常に保って視機能を改善する働きを持ちます。実際、ドライアイや疲れ目の予防、視力改善の効果があったという研究結果もあるそうですし、近視が改善されたという調査結果もあると言います。DHAは、サバやさんま、いわし、かつお、まぐろなどの青魚にとても豊富に含まれていますので、青魚を積極的に摂取するか、サプリメントを活用すると良いかと思います。

亜鉛

視神経の伝達を助ける働きを持っているため、不足すると視機能の低下などの悪影響が引き起こされます。代謝促進作用があるビタミンAと一緒に摂取することで、ドライアイや夜盲症に良い効果が期待できます。他にも、網膜細胞の代謝促進や水晶体を維持する働きを持つ炭酸脱水酵素の促進作用もあるため、亜鉛不足は白内障や黄斑変性などの症状が出るリスクも出てきます。多く含まれているのが、牡蠣や豚レバー、卵、牛肉などです。意外と普段頻繁に口にするもので亜鉛がたくさん含まれているものが少ないので、できるだけうまくサプリメントを活用するのをおすすめします。

リコピン

強力な抗酸化作用を持っており、その働きはビタミンEの100倍、βカロテンの2倍です。この抗酸化作用によって目の酸化を防ぐことができるため、白内障予防に効果的です。最低でも1日に大きめのトマト2個、またはトマトジュース1本は摂取したいところ。トマトが嫌いでなければ無理なく続けられるレベルですが、トマト嫌いの人はサプリメントでどうぞ。

カテキン

緑茶に多く配合されていることでも知られているカテキン。目と関係あるの?と思うかもしれませんが、カテキンには強い抗酸化作用があるため、目の健康を正常に保つことができます。これにより、視力低下や白内障の予防が期待できます。また、緑内障の予防にも効果的だと知られており、目に不安のある人を中心に注目を集めています。

アスタキサンチン

ビタミンEの約1,000倍もの強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、目でも抗酸化力を発揮し、老眼や視力低下などに効果をもたらします。また、目の奥に届くという特徴を持つアスタキサンチンですから、眼精疲労にも良い影響を与えます。さらには、ブドウ膜炎という怖い病気や、加齢黄斑変性症、緑内障にも良い効果を与えるとして人気を集めています。アスタキサンチンは、サケの切り身を1日1,2切れ、エビなら10匹程食べれば必要量が摂取できるのですがコストがかかりますので、サプリメントで気軽に摂るほうが良いかもしれません。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!