続けられなければ意味がない!目にいいサプリメントを試してみました

目にいいサプリメント10選 » 目にいいと言われているサプリメント成分を全調査 » ゼアキサンチンを含むサプリメント

ゼアキサンチンを含むサプリメント

ゼアキサンチンって?

ゼアキサンチンって聞いたことありますか?ほとんどの人は「??」なのではないでしょうか。なぜなら、ルテインはあちこちで話題になり取り上げられることが増えていますが、ゼアキサンチンはあまり話題にのぼらないからです。それってとても不思議でおかしなことだと思います。なぜなら、ルテインとゼアキサンチンは構造も働きもとても似ていて、どちらか一方だけがあれば良いというものではないからです。

ゼアキサンチンと目の深い関係

ゼアキサンチンもルテインと同じく天然色素のカロテノイドの一種で、眼球の網膜にある黄斑部に多く存在します。ゼアキサンチンがどういう働きをするのかと言えば、ルテインと同じように紫外線やブルーライトといった有害な光を吸収し、光から目を守る働きと、吸収しきれなかった光によるダメージを強力な抗酸化作用で守る働きです。同じ効果なら、ルテインを摂っていればルテインがその働きをしてくれるのでは?と思いませんでしたか。私も最初はそう思いました。しかし、実はルテインとゼアキサンチンの存在する場所は若干の違いがあります。ゼアキサンチンは黄斑部の中央部分に、ルテインはその周辺部分に存在しているのです。つまり、ルテインばかりいくら補充しても、黄斑部の中央部分が守り切れないというわけです。そのため、ルテインとゼアキサンチンの両方を一緒に摂取してあげることが重要です。

ゼアキサンチンの摂取量の目安は?

それでは、ゼアキサンチンは1日にどのくらい摂取したらいいのでしょうか?推奨されているのは、1日に2mg。これを食品から補給しようと思ったら、パプリカを毎日かなりの量を食べ続けなくてはいけません。なぜなら、ゼアキサンチンはパプリカ以外にはあまり多く含まれていないからです。ほうれん草にも多く含まれていると言われていますが、その量はほうれん草100g中たったの0.02㎎…これで毎日2mgを摂取し続けるのは現実的ではありませんよね。パプリカが大好きで、毎日いくらでも食べられる!という人はラッキーですが、そうでなければ毎日食べるのは辛いですし、意外とコストもかかります。であれば、サプリメントから摂取するのが現実的なのではないかと思います。ゼアキサンチンも含まれているルテインサプリを選びましょう!

ゼアキサンチンの他の効果は?

ゼアキサンチンが発揮する効果は目に対してだけではありません。ゼアキサンチンは植物から抽出される抗酸化物質であり、活性酸素の発生を抑えて人間の体を酸化から守る働きがあります。そのため、ゼアキサンチンを摂取することで動脈硬化、生活習慣病、白髪、シミ、シワなどの老化現象を遅らせることができるといわれています。さらにゼアキサンチンは皮膚ガンの発症を予防し、既に発生してしまったガンにも、肺への転移を抑制する働きがあるという研究結果が出ています。

ゼアキサンチンも皮膚ガン発症プロモーションや皮膚のガン細胞であるメラノーマ細胞の肺転移抑制作用が報告されている。

出典:野菜の色に宿るチカラを探る―加工・調理の重要性 稲熊 隆博 帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience/47/4/47_195/_pdf

ゼアキサンチンに関してはまだ研究段階の部分も多く、また新たに人間の体にとって嬉しい効果が発見される可能性がある成分です。

ゼアキサンチンを摂取するタイミングは?

ゼアキサンチンのサプリメントを摂取するタイミングは、食事中か食後がよいでしょう。その理由として、ゼアキサンチンは油に溶ける性質を持っているためです。食事で油を摂取した後に飲むことで、ゼアキサンチンをより効率的に吸収することができます。そしてビタミンCと一緒に摂取することもおすすめです。ゼアキサンチンは体内の活性酸素を減少させると、もう抗酸化の効果はなくなってしまいます。ですがビタミンCと同時に摂ると、また抗酸化作用を発揮できるといわれているからです。

お悩み別で探す、目にいいサプリメント10選!!